仏壇素材に使われる木材の種類 黒壇・紫壇など

Various type of wood texture in multi-color

お仏壇には様々な木材が使われています。ここでは、お仏壇に使われている木材についてご紹介します。

仏壇に使われる木材の種類

唐木仏壇に使われる材料は、東南アジア産の銘木(紫檀・黒檀・鉄刀木)を始め国産銘木(ケヤキ・桑・屋久杉・桜)、唐木以外の輸入銘木(メープル・オーク・チークなど)があります。また、心材、合板、ボードなども使われます。

黒檀

カキノキ科の樹木。代表的な唐木材のひとつで、耐久性があり、硬くて光沢があるのが特徴。インドネシア・スラウェシ島産の縞黒檀が有名。

紫檀

マメ科の樹木で、代表的な唐木材のひとつ。タイ・ラオス・ベトナムなどを原産地とし、古くから珍重されてきた木材。赤みを帯びた木肌で赤褐色・濃紫色・黒などの縞模様があります。

鉄刀木

マメ科の樹木で、代表的な唐木材のひとつ。東南アジアで主に産出され、美しい斑模様が特徴。心材は紫黒色・黒褐色。

桑科の樹木。特に良材とされるのが、伊豆諸島の御蔵島や三宅島で産出される「島桑」。緻密な年輪と美しい木目が特徴。国内の銘木の中では最高級とされます。

ケヤキ

ニレ科の樹木。日本の代表的な銘木のひとつで、北海道を除いた地域、台湾、中国などで産出されます。板目が美しく、材質も硬いため仏壇に向いています。寺院仏具や神棚などにも使用されます。

後悔しないお仏壇選びのための総合カタログをプレゼント!後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!

  • 購入する時の注意点とは
  • 価格・サイズ・設置例を詳しく
  • 我が家にぴったりのお仏壇とは
  • お仏具の役割やお飾りの仕方
  • ご安置のポイント
  • お仏壇Q&A
  • お仏壇選びステップガイド
  • リビングルームにあうカタログ
上記の資料請求(無料)はこちら

いい仏壇で仏壇店・仏具店を探す

エリアを選択してください