金仏壇の仏壇を探す

834のうち1~30

金仏壇 全国の人気ランキング

金仏壇をお探しの方へ

金仏壇とは

全体に黒の漆塗りが施され、内部には金箔が張ってあるのが特徴です。別名塗り仏壇とも呼ばれます。

寺院のミニチュアといってもいい荘厳さで、死者の霊が生まれかわる浄土の世界を表現していると言われています。

金仏壇の中には、伝統的工芸品として経済産業省から認定されている15産地の仏壇があります。江戸時代からの歴史を持つ各産地の仏壇ですが、それぞれ形や意匠に違いがあります。専門の職人の技術が各地域ごとに代々受け継がれ、日本の伝統技術の粋とも言える仏壇です。

金仏壇は、主に浄土真宗で使用しますが、他宗派の方が金仏壇を選んでも問題ありません。浄土真宗の中でも、本願寺派と大谷派に分けられ、それぞれ本堂様式が異なるため、仏壇の特徴も異なります。また、阿弥陀如来を礼拝する浄土宗で金仏壇を用いることもあります。

金仏壇がオススメの方

  • 圧倒的な存在感のある仏壇が欲しい方
  • 寺院のお参りや法事を大切にしたい方
  • 宗派の作法や伝統に沿ったご供養をしたい方
  • 家に仏間があり、自宅で法事をしたい方
  • 浄土真宗の方

金仏壇の選び方

1>設置場所を考える

仏間、リビング、寝室、ダイニング、書斎など
ここでサイズ(寸法)やデザイン、トーンを整理しましょう。

2>イメージとサイズから、商品を絞り込む

毎日、部屋で目にするものですから、気に入ったデザインの仏壇を選びましょう。

3>予算から最終決定する

気に入った仏壇の中から、購入金額のご予算内のものをご検討ください。

金仏壇の費用感

金仏壇の値段は、使われている金箔の質と量・塗られた漆の厚さ・細工のたくみさによって大きく変わります。特に金の使い方は値段に直接影響する場合が多く、金箔の厚さによって、一枚掛・二枚掛・三枚掛とあり、三枚掛が最も高価となっています。相場としては数十万~数百万円のものが多く、近年はコスト削減のために海外で製造された比較的低価格帯の金仏壇も増えています。伝統的な日本の金仏壇はいわゆる高級仏壇ですが、修理修復で長く使える造りのため、先祖代々仏壇の価値を受け継ぐことが可能です。

金仏壇の魅力 -伝統や地域特性を大切にしたご供養-

寺院さながらの荘厳さで圧倒的な存在感が特徴の金仏壇。現代の居住空間で設置することは難しいかもしれませんが、仏間があるご家庭は仏間に設置を、仏間がないご家庭でも和室や洋室などスペースがあれば設置が可能です。地域や宗派による形式の違いがあるため、各地域・ご家庭に合わせた金仏壇を選ぶとよいでしょう。

お参りやご自宅での法事など代々受け継がれる伝統を大切にしたご供養をすることができます。

また、棚の上などに置ける上置き型金仏壇もあります。 「大きな仏壇は置けないが、伝統を受け継いだご供養がしたい」「仏壇を買うならやっぱり金仏壇がよいが、仏間がないから悩んでいる」上置き型金仏壇ならそんな思いを叶えることができます。

仏間がないご家庭は、例えば、上置き型の金仏壇を家族みんなが集まるリビングに…。コンパクトでも目を惹く金仏壇をリビングに置くことで、家族で過ごす日常を共にすることができ、伝統と現代スタイルのよい所を合わせたご供養ができます。仏間のあるご家庭なら、仏間に存在感を放つ金仏壇を…。日々のお参りや親族が集まる法事など、ご供養や仏事の間を設けることで、ご先祖様をお祀りすることができます。伝統や文化を大切にできるという点が金仏壇ならではの魅力です。