はじめてのお仏壇ガイド
仏壇・仏具のことなら「いい仏壇」

一生に一度のお買いものであるお仏壇。「はじめてのお仏壇ガイド」では、仏壇の種類や価格、選び方、飾り方、お参りの仕方など、はじめての方にもやさしく解説します。

仏壇・仏具の祀り方

キリスト教の家庭祭壇をお考えの方は、現代仏壇を活用しましょう

家庭祭壇とは、キリスト教徒が日々祈るための大切な場です。偶像崇拝は行いませんが、故人を偲ぶために用意する場合もあります。しかし家庭祭壇を購入できる場所は少ないため、用意するのが難しい場合は、現代仏壇をキリスト教の祭壇として代用することができます。
法要とお参り

2月の仏事、涅槃会(ねはんえ)の詳しい時期や歴史とは

涅槃会とは、お釈迦様の亡くなられた日に行われる法要のことです。涅槃(肉体をなくすとともに悟りの境地)に入ったお釈迦様のことをしのび、亡くなったときの様子を描いた涅槃図を掲げながら行われる、仏教の三大年中行事のひとつとされています
仏教について

節分と仏教について

節分とは、2月の頭に行われる、寺院や神社などで「鬼は外、福は内」と言って豆をまく行事のことです。学校やご家庭で豆まきをしたことがある、という方もいらっしゃるでしょう。しかし、節分にどうして豆まきをするのか、その理由を知らない方は意外に多いのではないでしょうか。
法要とお参り

1月の仏事、修正会(しゅしょうえ)について

「修正会」とは、毎年1月にさまざまな仏教寺院で行われている法要のことです。前の年の反省をして自己を正したあと、新しい年のはじめにその一年間を穏やかに過ごせるように、また人々が豊かな暮らしができるようにと祈願されます
仏壇・仏具の祀り方

破魔矢の祀り方とは? 由来や飾り方、処分方法を全解説

お正月に、神社仏閣などでお札やお守りなどと一緒によく目にする破魔矢ですが、この破魔矢にはどんな意味や由来があるのでしょうか。実際に授与された破魔矢は、自宅に持ち帰った後どんなふうに祀るのがよいのでしょうか。ここでは破魔矢の意味や祀るうえでの作法などを、その由来とともに詳しく確認していきます。
仏壇・仏具の祀り方

正月前に覚えておきたい、仏壇に飾る仏花について

仏花とは、仏壇やお墓にお供えする花のことです。ただ自分が好きな花や故人が好きだった花を選んでお供えをすればいいのではなく、仏花には花の種類からお供え方法まで、さまざまな決まりごとがあります。特に正月などの季節の節目には、きちんとしたマナーで仏壇に仏花を飾りたいものです。
仏壇の選び方

仏壇の彫刻ってどんな種類があるの?選び方についてもご紹介

仏壇とは、故人をしのぶ遺族にとって心の安らぎとなる場所です。ご自宅にご用意する際、故人や家族にとって、どのお仏壇を選べばよいのか分からないとお悩みではないでしょうか。比較的装飾の少ないお仏壇から、飾り彫りがされているものまで、種類は沢山あります。
仏壇・仏具の祀り方

正月前に押さえておきたい、神棚の正月飾りについて

神棚の正月飾りとはどのようなものかご存知でしょうか。 天災や季節の変化のように人の力が及ばない自然の力は、古来より神と崇められ信仰の対象となっています。神棚は、そんな信仰に欠かせない神をお祀りする大切な場所で、時期・季節によって飾り方が異なります。
仏壇の選び方

仏壇の表面仕上げの種類と特長とは?

仏壇の表面仕上げとはどのような種類があるのか、詳しくご存じでしょうか。自身のライフエンディングの一環として仏壇の存在を意識されはじめた方、両親が高齢になってきたためそろそろ仏壇を、とお考えの方などいらっしゃると思います。仏壇は何度も購入するものではないので、わからないことが多いものです。
仏具・位牌の選び方

失敗しない「位牌」選びのポイントは?種類や大きさについて

「位牌(いはい)」とは仏壇に祀られている脚付きの木札のことで、亡くなった方の戒名(かいみょう)が刻まれています。葬儀から四十九日までは白木のものを用いますが、四十九日の法要で本位牌に替え、魂入れを行うのが慣例となっています。位牌は故人そのものとして大切に扱われるものです。