位牌の種類や特徴は?白木位牌・モダン位牌など

位牌にはさまざまなバリエーションがあります。

お位牌は亡くなった人の、戒名や死亡年月日を記してお祀りするものです。お位牌は故人の霊魂が仮に宿る場所・依代(ヨリシロ)だといえるでしょう。ここでは、お位牌についてご紹介します。

位牌とは

お位牌はもともとは仏教のものではなく、中国の儒教で使われていたものです。日本には、鎌倉時代に禅僧達が持ち込んで広がりました。一般の庶民がお仏壇の中にお位牌を祀るようになったのは、江戸時代です。

位牌を新しくお仏壇におさめる時は、開眼供養を壇那寺の住職にお願いして、入魂してもらいます。お仏壇の主役はご本尊ですから、お位牌をお仏壇に安置する場合は、お仏壇の中央に配置したり、本尊より上段に安置してはいけません。

なお、浄土真宗では原則として位牌は用いません。その代わりに過去帳に記したり、「法名軸」という軸を使います。

四十九日と位牌

四十九日の法要までは、仮の位牌として「白木位牌」を祀ります。葬儀の時にお墓に持って行って供える位牌を「野位牌」、四十九日まで白木の祭壇に、遺体や遺影とともにまつる位牌を「内位牌」ともいいます。

四十九日の法要の時に、黒塗りした、あるいは唐木の本当の位牌である「本位牌」を作ります。これは、故人が亡くなってから四十九日の後、故人の霊魂が浄土に往生する、あるいは転生先が決まると考えるからです。

表牌

生前中にあらかじめ戒名、法名をつけてもらい、位牌を作ることもあり、この位牌を「寿牌(逆修牌)」と言います。配偶者を亡くした時に、配偶者とともに自分も戒名を授かり、位牌をつくって並べて安置するという人が多いようです。

本位牌の種類

本位牌の形や大きさには、いろいろあります。故人一人に一基ずつ作られる「札位牌(板位牌)」、屋根や扉のついた枠に複数の位牌をおさめた「繰り出し位牌(回出位牌)」、札位牌の大きな「屏位」があります。

繰り出し位牌

「繰り出し位牌」は数枚の札板をご命日の順に重ねて入れておき、ご命日がすむと後にまわして常に次のご命日を迎える札が表にくるようにします。

何代にもわたって多数の位牌がお仏壇の中にあるという場合は、三十三回忌や五十回忌に先祖の位牌にまとめるか、「繰り出し位牌」、「屏位」にまとめます。また、壇那寺で供養してもらう位牌は「寺位牌」といいます。禅宗ではこれを「本位牌」と呼んでいます。

仏壇に位牌を置く理由

仏壇というものは、位牌を安置し、先祖を供養する場所であると考えられています。それはひとつの考え方として正しいとは思いますが、本来仏壇は、本尊をおまつりし、仏様に捧げる場所として生まれたのです。

もともとは、ご先祖様の位牌を安置するこということは二次的な役割だったのです。仏教は、日本に伝わってから次第に人々に広まり、江戸時代に成立した檀家制度によって日本人全員が仏教徒となりました。同時に仏教は、日本古来の先祖を敬う信仰を取り入れる形で発展してきたのです。

それゆえ仏様をおまつりする仏壇が日本人の家庭に置かれるようになると、本来の役割だけでなく、先祖の位牌をおまつりすることが重要視されるようになりました。

仏壇への考え方も時代の中で変化している

近代化の流れの中で、仏教徒であるという意識が希薄になってきたため、仏様をおまつりすることよりも、先祖の供養が大切であると考える人が増えてきました。

「仏壇が先祖の位牌を安置する場所」であるという考え方は、こうして広まってきたのです。しかしそんな現代においても、仏壇に仏様をおまつりせずに、位牌だけを安置する人はいません。仏様あっての私たちという考え方が、いまだに失われていないことの証拠でしょう。

こうした歴史的な流れを考えると、おまつりする位牌がなくても、仏壇を家に置き、仏様にお祈りするということは決しておかしなことではありません。むしろ仏教の立場から、こちらのほうが正しいというお坊さんも多いのです。

今でも真宗では、仏壇に位牌を置きません(これに代わるものとして過去帳がある)。真宗では、今でも生活の中にかなり深く仏教が入っており、仏様(真宗では阿弥陀様)が信仰の中心であることが徹底されているからなのです。

後悔しないお仏壇選びのための総合カタログをプレゼント!後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!

  • 購入する時の注意点とは
  • 価格・サイズ・設置例を詳しく
  • 我が家にぴったりのお仏壇とは
  • お仏具の役割やお飾りの仕方
  • ご安置のポイント
  • お仏壇Q&A
  • お仏壇選びステップガイド
  • リビングルームにあうカタログ
上記の資料請求(無料)はこちら

いい仏壇で仏壇店・仏具店を探す

エリアを選択してください

5/5 (2)
仏具・位牌の選び方 仏壇・仏具の祀り方 仏壇の基礎知識
この記事を書いた人

仏壇・仏具・仏壇店を日本全国5,000店舗以上から掲載している「いい仏壇」です。お仏壇は、亡くなられたご家族やご先祖様を供養したり、ご本尊様に手を合わせたりといった、心の拠り所となる大切なものです。一生に何度も買うものではありません。そのため、「どのようにして選んだら良いかわからない」という声をよく聞きます。 そのような皆様の不安を払拭するべく、鎌倉新書では、専門書籍の発行で培ってきた知識と経験、皆様の口コミにより、お仏壇・仏壇店の良い選び方、信頼できる仏壇店のご紹介、仏壇や仏具の情報をご提供をさせていただいております。より多くの方に納得のいくお仏壇選びをしていただくこと、それが私どもの望みです。また、各仏壇店のクーポンも発行しています。

いい仏壇(株式会社鎌倉新書)をフォローする
はじめてのお仏壇ガイド | 仏壇・仏具のことなら「いい仏壇」