仏壇修理の種類と方法 – 費用、流れ、適した時期と修復時の注意点

仏壇は長年使用していると少しずつ痛んできます。いつも目にしているとなかなか気付きませんが、ふとしたときにだいぶ古くなってきたと感じることがあるでしょう。良質な仏壇は、使えば使うほど味わい深くなるものですが、痛んで部分的に壊れかけてしまう場合もあります。

そんなときに手遅れにならないよう、ここでは仏壇の修理方法について詳しく解説していきます。

仏壇修理の種類

仏壇を修理する方法は修理の規模によって「部分修理」「部分修復」「完全修復(お洗濯)」の3種類に分かれています。ただし、仏壇のつくりや素材などの関係で、修理ができるものとできないものがあるため、詳しくは修理専門業者や仏壇店で確認する必要があります。

仏壇の「部分修理」

仏壇修理の方法のうち、最も簡単な方法が部分修理です。その名の通り、壊れてしまった部分を直すことを指します。

例えば、歪みが生じて扉の開け閉めができなくなってしまったときに、歪みを解消して不便なく開け閉めできるように直すような場合のことです。

修理をする上で洗浄が必要であれば簡単に洗浄も行いますが、そうでない場合には洗浄までは行いません。あくまで特定部分の機能を回復させるのが部分修理です。

仏壇の「部分修復」

部分修理よりも、もう少ししっかりした修理方法が部分修復です。修復というのは、元の状態に戻すという意味なので、壊れた部分を修復するというのは機能的に回復するだけではなく、同じ素材を使って外見も購入時と同じ状態にすることを指します。

例えば、金仏壇で金箔が剥がれてしまったというときには部分修復を行います。

部分的に元の状態に戻すため、対象箇所が汚れていれば洗浄も行います。部分的にくすみや色あせが気になるときに行うのも部分修復となります。

仏壇の「完全修復(お洗濯)」

仏壇のお洗濯というのは全体の状態をチェックして完全修復することです。仏壇のクリーニングとも呼ばれます。

伝統的なお仏壇、特に金仏壇は補修して使うことを前提に、細部の部材まで取り外すことができます破損した部材を修復・交換しながら、代々子孫に伝えられるよう、作られています。

専門の職人が新品のお仏壇を作るのと同じ工程で修復するため、お洗濯を行った仏壇は新品同様の輝きを取り戻します。

仏壇のお洗濯を行うときには、仏壇をいったんパーツごとに分解します。分解することで細部に傷が付いている部分も見つけ出し、すべてのパーツを洗浄、修復する大がかりな作業です。

ホコリやすすを落とし、木地、彫刻、金具などの補修。部品交換、締めなおしなどを行います。長年使用していると金具が錆びてくることも多いですが、お洗濯ではそのようなサビも落としてくれます。

金仏壇であれば、金箔の貼り直しや漆の塗り直し、蒔絵の描き直しも行います。金箔や漆が剥げていた場合はもちろん、経年によりくすんでしまっていたり色あせてしまっていた場合にも、お洗濯を行うと見違えるようにキレイになるのです。

また、お洗濯を行うにはかなり時間がかかることも留意しておきましょう。金仏壇であれば2~4カ月程度かかります。

仏壇のお洗濯・クリーニング - 長年の汚れをどう落とす?お洗濯の流れと注意点
仏壇の「お洗濯」という言葉をご存知でしょうか?あまり聞きなじみのない言葉だと思います。 仏壇のお洗濯とは、仏壇の完全修復(修理とクリーニング)を意味します。 良質な仏壇は、使えば使うほど味わい深くなるものですが、長年使用していた...

なお、仏壇の種類によってはお洗濯ができない場合もあります。その場合、仏壇の買い替えまたは処分を行うことになります。

仏壇を買い替えるときの流れと注意点 - 古い仏壇はどうしたらいい?
いい仏壇でよく寄せられる質問の一つに「お仏壇は買い替えてもよいのでしょうか?」というものがあります。お仏壇の買い替えは良いことなのか、悪いことなのか、お悩みの方も多いようです。 長い間家族でお参りしてきたお仏壇を買い替えることに問題は...
仏壇の処分方法
買い替えや引っ越しなどに伴い、古い仏壇を処分しなければならないこともあります。 しかし、仏壇はご先祖や本尊を祀るものであるため、古い家具などを処分するときと同じように処分するわけにはいきません。 ここでは仏壇の処分方法について詳しく解説していきます。

仏壇修理の費用・価格

仏壇修理を行う際に気になるのは費用でしょう。仏壇修理は依頼する業者や行う修理の種類によって大きく差が出てきます。

仏壇修理の価格相場

仏壇修理にかかる費用は、仏壇の大きさと仏壇の種類によってかなり差があります。コンパクトサイズの仏壇と大きめの仏壇では5倍くらいの差が出る場合もあります。また、金仏壇と唐木仏壇では3倍程度の差があります。

小型の仏壇であれば10万円から20万円くらいが相場といわれています。もう少し大きめのサイズであれば20万円から40万円くらいでしょう。大きめの仏壇であれば50万円以上かかる場合が多いです。大きな金仏壇のお洗濯(完全修復)ともなれば100万円以上かかることもあります。

お洗濯まで行わずに部分修理や部分修復だけの依頼であればもっと安く済む場合もあります。修理や修復箇所が少なければ数万円程度で済むこともありますが、いずれも仏壇の汚れや破損の状況によって異なるため、まずは見積もりをとることが第一です。

修理専門業者と仏壇・仏具店の違い

仏壇の修理を依頼できる業者は、仏壇修理の専門業者と仏壇・仏具店の2種類に大きく分けられます。

仏壇・仏具店は主に仏壇を販売している店舗です。自社で製造から行っている仏壇・仏具店もあれば、販売のみを行っている店舗もあります。製造も行っている仏壇・仏具店なら、自社内に職人がいるため、修理や洗浄も自社内で可能です。

ただし、自社で販売した仏壇でないと、修理や洗浄に対応していないこともあります。

仏壇修理の専門業者は、仏壇の製造も販売も行っていませんが、修理や洗浄に特化している業者です。基本的に、どんなタイプの仏壇にも対応していますが、業者によって品質の差が大きく、料金価格にも大きな差が出ることが多いです。

仏壇修理の流れ

ここでは、仏壇修理に出すときの流れを見ていきましょう。

まずは見積もりをとる

仏壇修理に出すときには、最初に見積りを取りましょう。ほとんどの業者で見積もりは無料で行ってもらえます。ホームページなどで料金表を掲載している業者もありますが、料金表の金額はあくまで目安と考えておくとよいです。

仏壇修理は、大きさや種類が同じでも仏壇の状態によって料金が違ってきます。電話やメールなどで業者に仏壇の種類や大きさ、状態などについて詳しく伝えて正確な見積もりを取るようにしましょう。あらかじめ予算を決めた上で相談するのも一つの方法です。

提示された見積もりを確認し、納得できる金額であれば依頼をしましょう。あらかじめ予算を伝えておけば、その予算内でできるだけ仏壇の状態が良くなる方法を提示してくれます。見積もりに納得がいかない場合、最終的に断っても問題ありません。

仏壇修理の見積もり時に気をつけたいこととして、金額だけでなく、修復にどのくらいの日数がかかるのかはしっかり確認しておきましょう。仏壇の種類や状態によっては何カ月もかかることがあるので、注意しないと年忌法要などで仏壇が無いということにもなりかねません。

出張修理の場合

仏壇の修理が1日で済む内容であれば、自宅への出張に対応している業者もあります。出張修理は、仏壇を運び出さなくて済むのが大きなメリットです。

出張修理では、職人が自宅に来て仏壇を自宅に置いたままの状態で修理してもらえます。部分修理や部分修復であれば、出張で対応してもらう場合が多いです。見積もりを取る段階で、出張での修理に対応しているかどうか確認しておくのが望ましいでしょう。

預かり修理の場合

仏壇の修理、特にお洗濯(完全修復)を行う場合、仏壇を業者に預かってもらうのが一般的です。出張修理に対応している業者でも、お洗濯を行う場合には1日では終わらないため預かりで行います。

仏壇の運び出しのために業者の人が自宅に来るので、依頼時に希望の日程で調整します。また、修理にどのくらいの日数が必要かを見積もりの段階で確認します。場合によっては数カ月かかることもあるので、法事・法要の日程などと重ならないように注意します。

仏壇の修理が完了すると、キレイになった仏壇を業者の人が自宅まで運び込み、元通りに設置してくれます。このときの日程は依頼時点で決めておく場合もあれば、預かり後の修理状況に応じて決める場合もあります。

仏壇修理の時期・タイミングと修理規模

仏壇修理は購入後一定の期間が経過したら実施しておくといいでしょう。計画的に修理をすることで仏壇はかなり長持ちします。以下では、修理の時期と規模に関する目安を紹介します。

購入後10~20年:部分修理

仏壇は購入後10~20年くらい経過すると、よく触る部分などが手垢で汚れてしまうことが多く、小さな傷なども目立ってきます。ただし、普段から小まめに掃除をしていれば、比較的キレイな状態なことも多いので、全体的に見れば特に痛んでいるような具合ではありません。

そのため、購入後10年を経過したら部分修理を行うといいでしょう。こびり付いた手垢や小さな傷がなくなるだけで、だいぶキレイになります。

購入後20~30年:部分修復

仏壇の購入後20年くらい経過すると、全体的に小さな傷が増えてくるほか、扉を開け閉めしたときの歪みが生じる場合が多いです。

歪みで扉が上手く閉まらなくなっているようであれば部分修復を行うのがいいでしょう。

購入後20年は経過していてまだ30年までは経っていないくらいの時期なら、お洗濯をするのには少し時期が早いですが、部分修復をする時期としてはちょうどいいため、気になる部分を直しておきましょう。

購入後30年以上:お洗濯(完全修復)

仏壇を購入してから30年以上経っているのであれば、お洗濯(完全修復)を検討しましょう。30年も経過していると、仏壇の各部が劣化してきます。色あせてしまったり、くすんでいたりするところもはっきり分かるくらいになるでしょう。

唐木仏壇であれば、木が割れてしまったり反りが見られることもあります。金仏壇も金箔が剥げてしまっている箇所が所々に見られるようになります。特に強く擦ったり触ったりしていなくても、30年も経過すれば自然と金箔が痛んでいることは多いです。

仏壇の修復箇所/痛みやすい部分はどこ?

仏壇は特にどの部分が痛みやすいのか、どんな痛み方をすることが多いのかを以下で説明します。購入して10年以上経過すると、多くの仏壇でどこかに痛みが出ていることが多いです。

くすみ

購入したばかりの仏壇はとてもキレイに見えるでしょう。金仏壇であれば金箔が美しく輝きますし、光沢があり、全体的に明るく感じられるでしょう。唐木仏壇にも重厚な美しさがあります。

しかし、年月が経過するに従って、少しずつ「くすみ」ができてきます。

毎日見ていると気付きにくいのですが、購入したばかりのころの写真と比べると違いがはっきり分かります。長い年月が経過した仏壇は輝きや透明感が失われて、全体的にくすんだ雰囲気になってしまいます。

歪み

長く仏壇を使用していると、外部からの刺激や負担のかかり具合によって歪みが生じてしまうこともよくあります。仏壇にはロウソクや線香を立てますが、その影響で熱せられやすい部分が歪んでしまうこともあります。

また、ストーブやエアコンなどの暖房器具を仏壇のそばに置いているときには、温風が当たる部分に歪みが生じることもよくあります。少し当たる程度では歪むことはありませんが、長期間にわたって温風が当たり続けると歪みの原因になります。

剥がれ

金仏壇の金箔に傷がついたり、剥げてしまうこともあります。金箔の部分はかなりデリケートなので、不用意に触れてしまうと剥げてしまいます。漆が塗られている部分も、触ったり擦ったりすると傷がつくことがあります。

色あせなど

年月の経過により、少しずつ色あせが生じます。特に安価な唐木仏壇などは、木目が自然の木目ではなく印刷して描いた木目であることが多いので、色あせが生じやすいです。

仏壇修復のときに注意すること

本尊と位牌はどこに置く?

修復に出している間の、本尊や位牌の安置場所をあらかじめ考えておきましょう。菩提寺(檀那寺)に預かってもらう方法と、仏壇がおいてあった場所にそのまま安置するという方法があります。もとの場所に安置すれば毎日のお参りを続けることができます。

また、仏壇を修復に出すときは、買い替えの場合と同じく、修復に出す前に魂抜き、修復から戻ってきたら魂入れの儀式が必要となることも忘れてはいけません。

魂抜きとは(閉眼供養) - 仏壇・お墓・位牌・人形など
何かの事情によって仏壇やお墓、位牌などを処分せざるをえなくなった時、必要な儀式が「魂抜き」です。ここでは、魂抜きの儀式の方法や、依頼先、必要な費用などについて説明します。
魂入れ(開眼法要・お性根入れ)とは
魂入れとは、仏壇やお墓を購入した時に営む法要です。「開眼法要」「お性根入れ」ということもあります。単なるものだった仏壇など、魂入れを行うことで手を合わせる対象になります。

修復ができる仏壇、できない仏壇

仏壇の修理・修復の際に注意したいのは、修復はどの仏壇でもできるわけではないことです。

安い仏壇の中には、表面の木目の印刷がはがれてしまったり、木材が十分に乾燥されていなかったために歪みが出てしまうものも少なくありません。こうした仏壇は修復できないものが多く、仮に修復ができても、新しい仏壇を買うより費用がかさむという場合が多いです。

修復できるのは、ある程度きちんとした作り方をした仏壇だけです。金額の高い仏壇ならば必ず修復できるというわけではありませんが、一般的に、金額の高い仏壇のほとんどは修復可能、金額の低い仏壇は修復ができないものが多いという傾向があります。

仏壇の修理やお洗濯の相談も「いい仏壇」

仏壇も長い年月が経てば傷みがひどくなり、汚れも目立ってきます。金具が外れたり、金箔が剥がれたり、虫食いが起こったりすることもあるでしょう。

仏壇はきちんと手入れしていれば、五十年でも百年でも使えるものです。長年使い込んだ仏壇には、えもいわれぬ味わいがあり、家族が長年お参りしてきた仏壇は心がこもった大切なものなので、破損や汚れがひどくなった場合は、修理やお洗濯を検討しましょう。

「いい仏壇」では、お仏壇の修理やお洗濯をしたい方に対して、修理をお願いできるお近くの仏壇店をご紹介しています。ご希望の方は「お仏壇のお洗濯・修理の相談フォーム」よりお問い合わせください。

後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!

  • 購入する時の注意点とは
  • 価格・サイズ・設置例を詳しく
  • 我が家にぴったりのお仏壇とは
  • お仏具の役割やお飾りの仕方
  • ご安置のポイント
  • お仏壇Q&A
  • お仏壇選びステップガイド
  • リビングルームにあうカタログ
上記の資料請求(無料)はこちら

お仏壇の処分にお困りではないですか?お悩み解決します!お仏壇の処分にお困りではないですか?お悩み解決します!

  • 引越し先が狭くて仏壇が入らない
  • お位牌や遺影も処分したい
  • どこに頼めばいい?
  • 気持ちのよい形で処分したい
  • 全国対応、安心の一律料金
  • 買い替えもお得なお値段で
  • 処分はすべて供養込み
  • 梱包は不要!て作業員が行います
「いい仏壇」お仏壇・お位牌の処分サービスはこちら