仏壇の掃除方法

仏壇は長年自宅に置いていると少しずつ汚れていきます。ホコリをかぶってしまうこともあるでしょう。

先祖に感謝する意味でも仏壇を定期的に掃除して綺麗に保つことが大切です。

ここでは仏壇の掃除方法について説明していきます。

メモリアル仏壇

毎日仏壇に向かって拝んでいる人でも、仏壇の掃除をあまりしていない人も多いです。

仏壇を掃除する頻度に関して特に決まりはありませんが、普段から小まめに簡単なお手入れをする習慣を身につけるのが望ましいです。

その上で年に数回程度のきちんとしたお手入れをすれば、きっとご先祖様も喜んでくれるでしょう。

日常的なお手入れ

毎日掃除をするのは大変だと思ってしまう人もいるかも知れませんが、手を合わせた際に軽くホコリを払うところからはじめてみましょう。ホコリが積もらなくなるだけで、だいぶ違います。毛ハタキでホコリを軽く払う程度であれば、時間もほとんどかかりません。

仏壇にむかって拝むのが毎日ではない人なら、数日に1回や1週間に1回くらいの頻度でもいいでしょう。

日常的なお手入れは、あまりしっかり掃除すると長続きしません。

負担にならず簡単にできる範囲内で小まめに長く続けていきましょう。

正月・盆・彼岸などのお手入れ

1年間に数回程度は、本格的にお手入れを行います。

正月やお盆、彼岸のときには親せきの人が来て仏壇にお参りをすることが多いでしょう。

なるべく綺麗な状態でお参りできるように、これらの季節的な行事に合わせてお手入れをしておきます。

また、先祖や故人の命日、誕生日などに合わせて掃除をするというのもいいでしょう。

仏壇の種類による汚れ方の特徴

金仏壇は触ってはいけない箇所が多く、普段のお手入れで汚れを落とすのが難しいです。

そのため、金箔が塗られている部分などにホコリがたまってしまうことがよくあります。

唐木仏壇なら普段小まめにお手入れをしていれば、ホコリもたまりにくいでしょう。

仏具が置かれている部分などは普段のお手入れでホコリを払うことが少ないため、汚れやすいです。

仏壇の材質・加工方法による掃除方法の違い

仏壇は大きく分けて唐木製のものと金箔が塗られているものに分けられます。

掃除の方法も仏壇の材質でやや異なるため、自宅の仏壇を見てどちらなのか確認しておきましょう。

唐木仏壇

唐木仏壇は黒檀や紫檀などの木目を生かして作った仏壇のことを指します。金仏壇を比べても、シンプルな形のものが多いでしょう。

材質として使用されている木の種類はさまざまですが、唐木仏壇であればどの木を使っていても掃除方法は大きく変わりません。

取り外し可能な仏具は取り外して、仏壇掃除用の筆でホコリを落とします。

金仏壇

金仏壇は取り扱いに注意しなければなりません。

むやみに素手で触ると金箔が剥げてしまったり指紋が付いてしまったりすることがあります。濡らさないようにも注意が必要です。

水を使っていなくても、汗や皮脂が付いてしまわないように気を配りながら掃除します。

金箔が塗られている箇所を避けながら慎重にホコリを落としましょう。

もし、濡れてしまったり金箔が剥がれてしまったりすると修理費用もかかります。自信がない場合には専門の業者に依頼した方が無難です。

仏壇掃除を始める前に気をつけたいこと

実際に仏壇掃除を始めるにあたって気を付けなければならないことがいくつかあります。

どれも仏壇の状態を良好に保つために必要なことです。

カビやすいため天気の良い日におこなう

仏壇は湿気に弱いです。

掃除をするときには換気のために窓を開けますが、雨の日や湿度の高い日だとかなり湿った空気が室内に入ってきます。普段は仏具などで隠れている箇所も、掃除中は外気に触れやすい状態になっているでしょう。

なるべく晴れていて湿度の低い日に行うのが望ましいです。

ガタつきなど安定性、足場の安全性を確認

仏壇が大きめの場合や高い位置に置いている場合には、上の方まで手が届かないこともあります。

届かなければ、椅子や踏み台などの上に立って掃除をする人が多いと思います。この際に足場の安定性をしっかりと確認しましょう。

ガタついて不安定な状態で掃除を行うと、椅子や踏み台が倒れてしまう危険性があります。

怪我をしてしまったり、仏壇を破損してしまったりしないように十分に安全確認をした上で掃除しましょう。

現状配置の写真を撮る

仏壇掃除をした後は、仏具を元の位置に戻しますが、元の配置をはっきり思い出せず困ってしまう人も少なくありません。普段目にしているものでも、正確な配置はなかなか思い出せないものです。

そのため、掃除を始める前にデジカメやスマートフォンで現状配置の写真を撮影しておきましょう。

掃除をした後は、写真を見て配置を確認しながら元に戻します。

仏壇掃除の流れ

仏壇掃除をするときには、最初にご本尊様とご先祖様対して、お断りをしておきましょう。

黙って掃除を開始すると、ご本尊様やご先祖様に対して失礼にあたってしまいます。

普段お参りをするときと同じように線香を上げて手を合わせてから、「これからお仏壇の掃除をさせていただきます」と言いましょう。お断りをしてから写真を撮影して仏具を外すという流れです。

外した仏具は新聞紙の上に置いておきましょう。

掃除は基本的に上の方から下の方に向かって行います。仏壇の上の方にたまっているホコリを落としていきましょう。

上置きの部分を綺麗にしてから、下台部分を掃除します。

掃除を終えたら、仏具を元に戻して線香を上げて手を合わせ、ご本尊様とご先祖様に掃除が終わったことを報告しましょう。

仏壇掃除の道具

仏壇掃除で使用する道具は、ほかの掃除でも使用する道具のほかに仏具店で取り扱っている掃除用品があります。

ほかの掃除でも使う道具としては、使い捨ての化学雑巾やティッシュ、綿棒、毛ばたきなどが挙げられます。

どれも100円ショップやスーパーなどで安く買える道具です。また、いらなくなったTシャツやストッキング、新聞紙なども用意しておくといいでしょう。

仏具店で取り扱っている道具は、仏壇掃除用の筆や、仏壇クリーム、金属磨き、ロウ取り用のスプレーなどです。

どれもそれほど高い道具ではありません。ほぼ1,000円以内で購入できます。

仏壇の掃除方法

仏壇の上の方の手が届きにくい部分は毛ばたきでホコリを取り除きましょう。無理なく手が届く部分は仏壇掃除用の筆で丁寧にホコリを落としていきます。

筆だけで汚れが落ちない箇所は化学雑巾で汚れを取り除きます。

仏壇クリームはある程度ホコリを取ってから塗りましょう。

いらなくなったTシャツに染みこませて塗るとよく塗れます。いらなくなったストッキングは乾拭きをするときに使うと便利です。

細かな隙間にたまっているホコリは仏壇掃除用の筆で優しく撫でるようにして落とします。

汚れが取れない場合には、綿棒を使用して落としましょう。

仏壇クリームも綿棒を使うと、細かな隙間にも塗れます。

こころあ堂

仏壇を掃除する際の注意点

仏壇掃除はやり方を間違うと、掃除前よりも状態が悪くなってしまうので注意が必要です。

金仏壇と唐木仏壇の両方に共通して注意すべき点は、濡れた雑巾で拭かないことです。金仏壇の場合には金箔が剥げる原因になってしまいます。

漆が塗られている部分も水拭きすると拭き跡が残ってしまうことが多いです。唐木仏壇も水拭きすると水が木に染みこんで、カビが発生しやすくなってしまいます。

洗剤やアルコールスプレーなども使用してはいけません。拭くときは乾拭きですが、目の粗いタオルは傷ついてしまう可能性があるので、使わない方が無難です。

いらなくなったストッキングが特にない場合には、なるべく柔らかめのタオルを使用しましょう。その時は、綿棒で細かい隙間を掃除するときにも、あまり力を入れすぎないように注意が必要です。

仏壇掃除のプロに依頼する方法

自分で仏壇掃除をするのが不安な場合には、プロに依頼する方法もあります。

特に金仏壇の場合には一般の人が掃除するのは難しいため、プロに依頼した方が安心でしょう。

ハウスクリーニング業者に依頼しようとする人もいますが、ハウスクリーニングとは別に仏壇掃除を専門とする業者があります。

費用の目安

プロに仏壇掃除を依頼した場合に、通常の掃除であれば5万円から20万円程度の費用がかかります。仏壇の大きさによって料金が決まっているところが多いです。

コンパクトサイズの仏壇であれば5万円から6万円で済みますが、高さが1メートルを超える通常サイズの仏壇だと12万円から15万円くらいかかります。

やや高いと感じる人もいるかも知れませんが、数年に1度くらいの頻度でプロの業者に掃除してもらっている家庭も多いです。

業者に頼むメリットの一つに、一般の人が自分で掃除しただけではなかなか落とせない汚れも落としてもらえることが挙げられます。

自分で掃除するのが難しい金仏壇も綺麗にできるため、15万円くらい費用はかかってもプロに仏壇を掃除してもらう人は多いです。

掃除以外に依頼できること

仏壇掃除の専門業者では、通常の掃除のほかに洗浄クリーニングや金箔、漆の塗り替えなども依頼できます。

洗浄クリーニングというのは、仏壇をパーツごとに細かく分解して1つ1つのパーツを綺麗に掃除することです。

通常の仏壇掃除と比べてかなり綺麗になります。

新品同様の状態になるでしょう。

金箔や漆も長く使っていると剥げてしまうこともあり、塗り替えが必要になります。

掃除が楽な仏壇の紹介

古風で威厳を感じさせるような作りの仏壇は、複雑に入り組んだ部分が多く掃除が大変です。

逆に洋室にも合うモダンなデザインの家具調仏壇の場合、形がシンプルで楽に掃除できます。中の仏具を簡単に取り出せる。細かく入り組んだ箇所もない。全体的に凹凸が少ないため、化学雑巾などで掃除できるといった仏壇も増えています。掃除が楽な仏壇を探している人にはおすすめです。

メモリアル仏壇

いい仏壇で仏壇店・仏具店を探す

エリアを選択してください

3/5 (13)

仏壇・仏具の祀り方
この記事を書いた人

仏壇・仏具・仏壇店を日本全国5,000店舗以上から掲載している「いい仏壇」です。お仏壇は、亡くなられたご家族やご先祖様を供養したり、ご本尊様に手を合わせたりといった、心の拠り所となる大切なものです。一生に何度も買うものではありません。そのため、「どのようにして選んだら良いかわからない」という声をよく聞きます。 そのような皆様の不安を払拭するべく、鎌倉新書では、専門書籍の発行で培ってきた知識と経験、皆様の口コミにより、お仏壇・仏壇店の良い選び方、信頼できる仏壇店のご紹介、仏壇や仏具の情報をご提供をさせていただいております。より多くの方に納得のいくお仏壇選びをしていただくこと、それが私どもの望みです。また、各仏壇店のクーポンも発行しています。

いい仏壇(株式会社鎌倉新書)をフォローする
はじめてのお仏壇ガイド | 仏壇・仏具のことなら「いい仏壇」