仏壇の掃除方法 – お手入れの手順・道具と注意点

お仏壇は、長年使用していると少しずつ汚れていきます。放っておくとホコリをかぶってしまうこともあるでしょう。ご先祖様に感謝する意味でも仏壇は定期的に掃除してキレイに保つことが大切です。

そこで今回は、お仏壇の掃除方法について詳しく解説します。

仏壇を掃除するタイミング/適した時期や頻度はある?

毎日お仏壇に向かって拝んでいても、仏壇の掃除はあまりしていない、という方は少なくありません。仏壇を掃除する頻度に関しては特に決まりがあるわけではないですが、普段から小まめに簡単なお手入れをする習慣を身につけるのが望ましいです。

日常的なお手入れとともに、年に数回程度、お正月やお盆・お彼岸などの時期にきちんとしたお手入れをすると、仏壇をキレイに保つことができます。

日常的なお手入れ

毎日掃除をするのは大変だと思ってしまう人もいるかもしれませんが、まずは手を合わせた際に軽くホコリを払うところから始めてみるのがおすすめです。毛ハタキでホコリを軽く払う程度なら、時間もほとんどかかりません。

仏壇に向かって拝むのが毎日ではない場合、数日に1回や1週間に1回くらいの頻度でも問題ありません。ホコリが溜まらないようにしましょう。

日常的なお手入れは、しっかり掃除しようと思うと長続きしないので、負担にならず簡単にできる範囲内で小まめに「続ける」ことが大切です。

正月やお盆・お彼岸などでのお手入れ

1年に数回程度、本格的なお手入れを行うことで仏壇は長持ちします。

正月やお盆・お彼岸のときには親戚などが集まって仏壇にお参りをすることも多いので、キレイな状態でお参りできるよう、季節行事に合わせてお手入れをします。先祖や故人の命日、誕生日などに合わせて掃除をするというのもいいでしょう。

仏壇の掃除の仕方/材質・加工によるお手入れ方法の違い

仏壇は大きく分けて唐木製の「唐木仏壇」と金箔が塗られた「金仏壇」に分けられます。仏壇の材質で掃除の方法は異なりますが、共通して言えることとしては、仏壇はこまめにホコリを払うなどの簡単な掃除をするとよいということです。仏様やご先祖様をお祀りする祭壇であり、繊細な伝統的工芸品でもあるため、間違った掃除の仕方をすると傷めてしまうこともあります。

以下では仏壇の材質や加工の違いに合わせた正しいお手入れの方法について紹介します。

唐木仏壇のお手入れ方法

唐木仏壇は、黒檀や紫檀などの木目を生かして作った仏壇のことを指し、金仏壇を比べてシンプルな形のものが多いです。材質として使用されている木の種類はさまざまですが、唐木仏壇であればどの木を使っていても掃除方法は大きく変わりません。

唐木仏壇の掃除は比較的簡単で、唐木や塗りの部分はよく絞った柔らかい布で拭き、彫刻などの細かい部分は毛バタキでホコリを払うのが基本です。最後に乾拭きをし、ワックスを塗ります。普段小まめにお手入れをしていれば、ホコリもたまりにくいでしょう。

取り外し可能な仏具は取り外して、仏壇掃除用の筆でホコリを落とします。真鍮製の仏具は研磨剤などを利用して磨きます。

金仏壇のお手入れ方法

金仏壇のお手入れの際は、取り扱いに注意が必要です。金仏壇は触ってはいけない箇所が多く、普段のお手入れで汚れを落とすのが難しいので、特に金箔が貼られている部分などにホコリがたまってしまいます。

むやみに素手で触ると金箔が剥げてしまったり指紋が付いて取れなくなってしまったりすることがあります。金具の部分も同様で、塩分に弱く錆びやすいので、直接手で触らないようにします。また、濡らさないようにも注意が必要です。

掃除中に触ってしまって汗や皮脂が付いたりした場合は、やわらかい布で軽く乾拭きしてください。

金箔が濡れたり剥がれてしまったりすると、金箔の貼り直しのために専門の職人に依頼をしないといけません。修理費用もかかります。そのため、掃除は金箔や金具の部分を避けながら慎重に行いましょう。金箔の部分は毛バタキでホコリを払うだけにします。

また、漆は水分に弱いため、漆塗りの部分は水拭きはせず、やわらかい布などで乾拭きします。仏像や位牌、扉のサン、細かい細工がしてあるところは、先の柔らかい毛筆を使ってホコリを払います。

長年使っていてお仏壇が汚れてきたら、専門の職人に頼んで金箔を貼り直し、漆も塗り直してもらうと、生まれ変わったようにキレイになります。

仏壇の掃除の仕方/お手入れ前の注意点

仏壇の掃除を始めるにあたって、気を付けなければならないことがいくつかあります。以下で説明する内容はどれも仏壇の状態を良好に保つために必要なことです。

仏壇はカビやすいため天気の良い日に行う

仏壇は湿気に弱いです。

掃除をするときには換気のために窓を開けますが、雨の日や湿度の高い日だとかなり湿った空気が室内に入ってきます。普段は仏具などで隠れている箇所も、掃除中は外気に触れやすい状態になっているでしょう。

そのため、掃除はなるべく晴れていて湿度の低い日に行うのが望ましいです。

仏壇のガタつきなどの安定性、足場の安全性を確認する

仏壇が大きめの場合や高い場所に置いている場合には、上のほうまで手が届かないこともあります。

手が届かない場合、椅子や踏み台などの上に立って掃除をすることになりますが、この際に足場の安定性はしっかりと確認しておきましょう。ガタついて不安定な状態で掃除を行うと、椅子や踏み台が倒れてケガをしてしまう危険があります。十分に安全確認をした上で掃除をしましょう。

仏壇・仏具の配置の写真を撮っておく

仏壇の掃除をした後に、取り外した仏具は元の位置に戻しますが、その際に元の配置をはっきり思い出せず困ってしまう人が少なくありません。普段目にしているものでも、正確な配置はなかなか思い出せないものです。

そのため、掃除を始める前にデジカメやスマートフォンで現状配置の写真を撮影しておきましょう。掃除をした後に写真を見て配置を確認しながら仏具を元の位置に戻すことができます。

仏壇の掃除の仕方/お手入れの道具

仏壇の掃除で使用する道具には、部屋の掃除などで使用する道具のほか、仏壇・仏具店で取り扱っている掃除用品もあります。

掃除で使う道具としては、使い捨ての化学雑巾やティッシュ、綿棒、毛バタキなどがあります。どれもスーパーや100円ショップなどで安く買える道具です。また、いらなくなったTシャツやストッキング、新聞紙なども用意できると掃除がしやすくなります。

仏壇・仏具店で取り扱っている掃除用品は、仏壇掃除用の筆、仏壇クリーム、金属磨き、ロウ取り用のスプレーなどがあります。どれも1,000円以内で購入できるものなので、できれば用意しておきたいものです。

仏壇の掃除の仕方/お手入れの流れ

仏壇の掃除をするときには、最初にご本尊とご先祖様に対してお祈りをします。黙って掃除を始めるのは、ご本尊様やご先祖様に対して失礼にあたるとされています。普段お参りをするときと同じように線香を上げて手を合わせ「これからお仏壇の掃除をさせていただきます」と言いましょう。

掃除を始める前にまず、仏壇・仏具の配置の写真を撮影します。それから仏具を取り外していきますが、外した仏具は新聞紙の上に置いておきましょう。

掃除は基本的に上から下に向かって行います。仏壇の上のほうに溜まっているホコリを落としていき、上置きの部分を綺麗にしてから下台部分を掃除します。手が届きにくい部分は毛バタキなどでホコリを払いましょう。無理なく手が届く部分は仏壇掃除用の筆で丁寧にホコリを落としていきます。筆だけで汚れが落ちない箇所は化学雑巾で汚れを取り除きます。

細かな隙間にたまっているホコリは仏壇掃除用の筆で優しく撫でるようにして落とします。汚れが取れない場合には、綿棒を使用して落としましょう。

仏壇クリームはある程度ホコリを取ってから塗りましょう。いらなくなったTシャツに染みこませて塗るとよく塗れます。綿棒を使うと、細かな隙間にも仏壇クリームを塗ることができます。

仏壇クリームを塗ったら乾拭きをします。乾拭きはいらなくなったストッキングを使うと便利です。

掃除を終えたら、仏具を元に戻して線香を上げて手を合わせ、ご本尊とご先祖様に掃除が終わったことを報告しましょう。

仏壇の掃除をするときの注意点

仏壇の掃除はやり方を間違うと、掃除前よりも状態が悪くなってしまうので注意が必要です。

金仏壇と唐木仏壇の両方に共通して注意すべき点は、濡れた雑巾では拭かないことです。金仏壇の場合には金箔が剥げる原因にもなり、漆が塗られている部分は水拭きすると拭き跡が残ってしまうことが多いです。唐木仏壇も水拭きすると木材に水が染みこんで、カビが発生しやすくなってしまいます。

また、洗剤やアルコールスプレーなども使用してはいけません。仕上げに乾拭きをしますが、目の粗いタオルは仏壇を傷つけてしまうおそれがあるので、使わないほうが無難です。いらなくなったストッキングか、なるべく柔らかめのタオルを使用しましょう。

綿棒などで細かい隙間を掃除するときにも、あまり力を入れすぎないように注意が必要です。

仏壇の掃除をプロに依頼する方法

自分で仏壇掃除をするのが不安な場合には、プロに依頼する方法もあります。

特に、金仏壇の場合には一般の方が掃除するのは難しいため、プロに依頼した方が安心でしょう。仏壇の掃除をプロに依頼する場合は、ハウスクリーニング業者などではなく仏壇掃除の専門業者や仏壇仏具店に依頼することになります。

仏壇掃除の費用目安

プロに仏壇掃除を依頼した場合、通常の掃除であれば5万円から20万円程度の費用が目安となります。仏壇の大きさによって料金が決まっているところが多く、コンパクトサイズの仏壇であれば5~6万円で済みますが、高さが1mを超える通常サイズの仏壇だと12~15万円ほどかかります。

自分で掃除しただけではなかなか落とせない汚れも落としてもらえるのが業者に頼むメリットの一つなので、数年に1度くらいの頻度でプロの業者に掃除してもらっている家庭は多いようです。

掃除以外でプロに依頼できることはある?

仏壇掃除の専門業者には、通常の掃除のほかに、洗浄・クリーニング(お洗濯)や金箔の貼り直し、漆の塗り直しなども依頼できます。仏壇を部材やパーツごとに細かく分解して洗浄してもらえるので、通常の仏壇掃除と比べてかなりキレイになります。さらに金箔の貼り直しや漆の塗り直しを行えば新品同様の状態になります。

仏壇のお洗濯・クリーニング - 長年の汚れをどう落とす?お洗濯の流れと注意点
仏壇の「お洗濯」という言葉をご存知でしょうか?あまり聞きなじみのない言葉だと思います。 仏壇のお洗濯とは、仏壇の完全修復(修理とクリーニング)を意味します。 良質な仏壇は、使えば使うほど味わい深くなるものですが、長年使用していた...
仏壇修理の種類と方法 - 費用、流れ、適した時期と修復時の注意点
仏壇は長年使用していると少しずつ痛んできます。いつも目にしているとなかなか気付きませんが、ふとしたときにだいぶ古くなってきたと感じることがあるでしょう。良質な仏壇は、使えば使うほど味わい深くなるものですが、痛んで部分的に壊れかけてしまう場合...

掃除をしやすい仏壇に買い替える手も…?

古風で威厳を感じさせるような作りの仏壇は、複雑に入り組んだ部分が多く掃除が大変です。逆に洋室に合うモダンなデザインの家具調仏壇などの場合、形がシンプルなことが多いので掃除もしやすいといえます。

仏具を簡単に取り出せる、細かく入り組んだ箇所がない、全体的に凹凸が少なく化学雑巾などで掃除できる、といった仏壇も増えています。手入れをしやすい仏壇を求めて買い替えを検討する方も少なくありません。

仏壇を買い替えるときの流れと注意点 - 古い仏壇はどうしたらいい?
いい仏壇でよく寄せられる質問の一つに「お仏壇は買い替えてもよいのでしょうか?」というものがあります。お仏壇の買い替えは良いことなのか、悪いことなのか、お悩みの方も多いようです。 長い間家族でお参りしてきたお仏壇を買い替えることに問題は...

後悔しないお仏壇選びのための総合カタログをプレゼント!後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!

  • 購入する時の注意点とは
  • 価格・サイズ・設置例を詳しく
  • 我が家にぴったりのお仏壇とは
  • お仏具の役割やお飾りの仕方
  • ご安置のポイント
  • お仏壇Q&A
  • お仏壇選びステップガイド
  • リビングルームにあうカタログ
上記の資料請求(無料)はこちら

お仏壇の処分にお困りではないですか?お悩み解決します!お仏壇の処分にお困りではないですか?お悩み解決します!

  • 引越し先が狭くて仏壇が入らない
  • お位牌や遺影も処分したい
  • どこに頼めばいい?
  • 気持ちのよい形で処分したい
  • 全国対応、安心の一律料金
  • 買い替えもお得なお値段で
  • 処分はすべて供養込み
  • 梱包は不要!て作業員が行います
「いい仏壇」お仏壇・お位牌の処分サービスはこちら