1. いい仏壇トップ
  2. お仏壇選びのまめちしき
  3. 【4】跡取りの居ない⽅が選ぶ仏壇をご存知ですか?

【4】跡取りの居ない⽅が選ぶ仏壇をご存知ですか?

お仏壇と言えば、家の中の一番中心に近い場所にあって、家族みんなが手を合わせやすいもの、という印象があると思います。また、古いお家柄の家庭では、代々受け継がれた見事な工芸品のお仏壇がおいてあることもあるかと思います。

こういった一家の大黒柱的な存在の仏壇は、その後、そこで手を合わせる人が受け継いでいくことを前提に設置されていると思います。

一方で、最近は、跡取りの居ないご夫婦なども増えてきました。そういった方々におすすめしたいお仏壇があります。

●リビングルームに置きやすいモダンなタイプのお仏壇
まず、最初におすすめしたいのは、やはりリビングルームに置ける、コンパクトなタイプのお仏壇です。家具と色合いを合わせやすいのはやはり木目調ですが、ダークブラウンなオーク色から、ライトな色まで、各社様々なラインナップを揃えています。
仏壇画像

●老人ホームなどでも便利な上置き型お仏壇
老人ホームなどの施設に入られる時に大きな仏壇を持っていくのはスペースの都合上難しいことが多いです。上置き型だと、あまりスペースも取らず、置くところに頭を悩ませる必要はありません。
また、小さいながらも様々なバリエーションが存在しています。材料も小さいので、漆塗りや螺鈿細工などが細かく施されたようなものであってもフルサイズに比べればお求めやすい価格となっているのも魅力です。
仏壇画像

●手元供養はご存知ですか?
跡取りが居ない場合、そもそも仏壇を買うことがためらわれる場合もあります。かと言って、大切な方の形見や、お位牌などをそのままおいておくのもなんだか寂しいものです。

そんな方のために、手元供養という商品があります。これはご遺骨の一部を形見代わりに専用の容器に飾って置くことが出来るものです。インテリアの一部としてとても人気があります。また、遺骨をジュエリーに加工して身につけておくといったタイプの手元供養もあります。
仏壇画像

リビングルームに置く家具調タイプのもののも、コンパクトな上置きタイプのもののも、手元供養の商品でも色々なタイプのものが発売されています。
選ぶ時にポイントにしてほしいことは「その人らしい」ものを選ぶこと。大切な人が好きな色だったり、モチーフだったり、後々受け継がれるものでないからこそ、思い切った好みのデザインに寄せることが出来ます。故人を偲ぶことができるようなものにするのがおすすめです。

はせがわさんの新しいタイプのお店「こころのアトリエ」では、新しいタイプのものも含めた色々なバリエーションの商品が揃っています。
想いを形にするもの、ちょっとした縁起物もあるので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?













日本全国から最適な仏壇を探す

ブログの一覧ページへ戻る

ご成約のご連絡で、最大30万円がもらえる
いい仏壇お客様センター