祥月命日にすること

日本には数多くの宗教的な習慣があります。お彼岸にお墓参りに行ったり、仏壇に手を合わせたり、お盆やお彼岸などのなじみのある物もありますが、知らないことも多いのではないでしょうか。

一周忌や三回忌、七回忌などの区切りの年に行う物もありますが、もっと短い周期で行うこともあります。命日とは別に「祥月命日」と呼ばれている日があるのをご存知でしょうか。ここでは、「祥月命日」の意味や行うべきことや知っておきたいマナーなど「祥月命日」について詳しくご紹介していきます。

後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!

  • 購入する時の注意点とは
  • 価格・サイズ・設置例を詳しく
  • 我が家にぴったりのお仏壇とは
  • お仏具の役割やお飾りの仕方
  • ご安置のポイント
  • お仏壇Q&A
  • お仏壇選びステップガイド
  • リビングルームにあうカタログ
上記の資料請求(無料)はこちら

祥月命日にすること

祥月命日は、「しょうつきめいにち」と読みます。あまり聞き慣れない言葉なので、中にははじめて聞くという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

祥月命日というのは一周忌以降、故人が亡くなった月の命日です。
月命日は故人がお亡くなりになった日のみを指す命日です。

祥月命日とは?

「祥月」とは、故人が死去した一周忌以降の、お亡くなりになったその月のことを指します。

例えば、3月1日にお亡くなりになった人の場合の祥月は、3月ということになります。

名前の由来は諸説ありますが、中国ではご先祖様が亡くなって十三月目のお祭りを小祥忌と呼び、十五月目のお祭りを大祥忌と呼びます。そこからお亡くなりになった月を祥月と呼ぶようになったという説があります。
他にも、正忌月を略して祥月となったという説もあります。

「命日」とは、人が死亡した日お亡くなりになったその日を指します。忌日(きにち)とも言います。
祥月命日とは、故人がお亡くなりになったのと同じ月日のことを指します。3月1日にお亡くなりになった場合、毎年3月1日が祥月命日ということになります。

月命日との違いとは?

では、よく耳にする「月命日」とは何を指すのでしょうか。

「月命日」は、故人がお亡くなりになった日のみを指す命日のことです。月命日は、命日のある月を除いた毎月あります。例えば、3月1日が命日だった場合には3月1日を除いた全ての月の1日に訪れるので、1年間で11回訪れます。

一方、祥月命日は亡くなった月日の両方が一致する日なので年に1回しかありません。月命日は祥月命日以外の毎月訪れるという違いがあります。

祥月命日に行うべき供養とは?

祥月命日に行う供養は、地域やその家族によって異なります。

お墓がお住まいの場所から遠い場所にあったり、家に仏壇が無いという方も少なくありません。また、忙しくて時間が取れないという方もいらっしゃるので、位牌や遺影に花や食べ物をお供えするだけでもいいでしょう。

ここでは、一般的とされている祥月命日の供養をご紹介していきます。

仏壇に、故人の好きだった食べ物やお花を供える、お墓参りに行くなど、供養の方法はさまざまです。
祥月命日に合わせて、法事・法要を営むこともあります。

祥月命日の供養

1年に1回訪れる祥月命日に行うべきこととは、どのようなことなのでしょうか?

故人が亡くなった月日と同じ月日である祥月命日には、故人を偲び供養を行います。

位牌のあるお仏壇に、故人の好きだった食べ物やお花をお供えしたり、お墓参りに行きお塔婆を立てたり、供養の方法はさまざまあります。

塔婆を立てる

塔婆は、故人の成仏を願うという役割と、ご自身の近況報告のための手紙の役割も果たします。

もし、何らかの理由で法要に行けない場合には、お寺の住職に電話して「塔婆を立ててください」とお願いするのもよいでしょう。その際には、供養料を納めることを忘れないようにしましょう。

祥月命日などの命日から1年以上経過した後で行われる供養は、遺族のみで行われることが多いという特徴があります。

法要を営む

祥月命日には、法要を行うことがあります。

法要とは、お寺の住職を呼んでお経をあげてもらうことです。多くの場合、法要は、一周忌(故人が亡くなってから1年経った日)、三回忌(故人が亡くなって2年経った日)に行います。三回忌以降の法要は、三と七がつく祥月命日に行われます。つまり、七回忌、十三回忌、十七回忌・・・と続きます。

法要をかさねて五十回忌を迎えた場合には、それ以降の法要は五十年毎に行うとされていますが、現実的に五十年毎に行うのは難しいので、三十三回忌または五十回忌を迎えた後には、これ以上年忌を行わないという意味の「弔い上げ」を行う場合が多くなっています。

お仏壇・お位牌の魂抜き、魂入れサービス!お仏壇・お位牌の魂抜き、魂入れサービス!

  • いいお坊さん僧侶派遣サービス
  • 真心を込めて対応できる僧侶
  • 菩提寺がなくても依頼できる
  • お布施が明瞭・安心
  • 檀家になる必要がない
  • 寺付き合い継続は喪家が判断
  • 各宗派に対応
  • 様々は法事・法要に対応可能
「いいお坊さん」僧侶派遣の依頼・相談はこちら

法事とは

祥月命日の三と七がつく際の回忌法要の際に会食を行う儀式を「法事」と言います。

子どもの頃、親御さんに連れられてお墓参りをした後に、日ごろあまり会ったことのない親せきと食事会をした経験があるという方も多いのではないでしょうか。

法事の際には、普段なかなか会えない親せきが集まって、故人を偲ぶ会話をしたり、近況を報告しあうことも故人の供養になります。

知っておきたいお供えのマナーとは?

仏壇にお供えしたり、お墓参りに行った際のお供えにもきちんとしたマナーがあります。
重さや大きさだけでなく、品物の選び方まで。押さえておきたいマナーです。

お供えとは?

「お供え」とは、神様・仏様への捧げ物と意味します。昔から、御仏前へのお供え物には、お花や食べ物、お線香などが用いられました。

ご仏前のお供え物は、地域によって風習が異なります。ご家族や親せき、遺族の方に確認すると良いでしょう。

お供え物の5つのマナー

お供えマナー1.重さと大きさに注意する

御仏前にお供えする物は、重いものや大きすぎる物は遺族にご迷惑になる場合があります。重すぎると持ち帰る際に困ります。また、大きすぎるとお供えのスペースを取ってしまうので向いていません。
御仏前へお供えする物は「重くない物」「かさばらないもの」を選ぶと良いでしょう。

お供えマナー2.肉・魚・酒は避ける

魚・肉などは、殺生を連想させてしまうため、御仏前へのお供えには避けましょう。また、お酒はお神酒としてお供えする場合もありますが、遺族がお酒が飲めない場合もあります。遺族がお酒がお好きな場合は良いのですが、マナー1.でもお話しましたが、重いという意味でも避けた方が良いでしょう。

お供えマナー3.日持ちする物を選ぶ

御仏前へのお供え物は、遺族の方は一度に多くの物をいただくことになります。地域によっては、その場で参列者の方達に分けることもありますが、日持ちする物にすると良いでしょう。
分けることも考慮すると、小分けになっている物を選ぶとさらに良いでしょう。小分けに包装されている日持ちするお菓子を選ぶと便利です。
日持ちするものであれば、お供えがかぶってしまっても安心です。

お供えマナー4.お供えの包装

御仏前へのお供え物は、かならず包装するのがマナーです。表書きには「お供」または「粗供養」などとし、その下に自分の名前を記載しましょう。
お供え物にかける水引は、四十九日までの場合には白黒のもの、四十九日以降の場合には双銀結びきりのものを選びましょう。

お供えマナー5.表書き

御仏前へのお供え物を品物ではなく、現金を包む場合には、表書きが必要です。四十九日よりも前の場合には「御霊前」四十九日以降の場合には「御仏前」または「御供物料」として下さい。
ただし、宗教によって異なる場合があるので、注意が必要です。浄土真宗や他の真宗の場合「人は亡くなったらすぐに仏様になる」という考えがあります。そのため、「御霊前」は使用しませんので、四十九日よりも前の場合でも「御仏前」として下さい。
故人の宗教を予め確認し、失礼の無いようにしましょう。

お供物料の相場はどのくらい?

お供えのマナーについて5つご紹介しました。
次に、気になるお供物料にいついてご紹介します。
お供物料の相場ですが、故人との関係や会食があるのかどうかによっても変わってきます。

一般的なお供物料を、故人との関係・会食がある場合・会食がない場合の3つに分けてまとめました。

故人や遺族とのつきあい、関係性によっても供物料の相場・目安は変わります。
供物料の包み方、渡し方にもマナーはあります。

供物料の相場・目安

故人との関係会食あり会食なし
故人と血縁関係がある場合2万~5万円1万~3万円
故人と親しい関係(血縁関係なし)の場合3万円~1~3万円
一般的な友人・知人の場合1万~3万円5千~1万円

一般的な金額をご紹介しましたが、親せきの方や友人と相談して合わせるのも良いでしょ
う。

供物料の包み方

お供物料を包む際に、気をつけなければならない重要なマナーがあります。それは、包むお札です。

弔事に包むお札は折り目がついている物にしましょう。新札を包むのはマナー違反なので、新札であった場合には、一度折って必ず折り目をつけてから使用するようにして下さい。

供物料の渡し方

お供物料は、不祝儀袋で包んでふくさに入れて持参しましょう。
水引の色ですが、地域によっても色が異なるため予めきちんと調べておくことが必要です。わからないことがあったら、不祝儀袋を購入した仏壇店や、お寺などに確認してみましょう。

また、渡し方としては、施主の前でふくさから取り出し、相手に不祝儀袋の正面が向くようにして両手で渡すのがマナーです。

お供えに適したお花とは?

仏前には、生花をお供えすることは故人への供養はもちろんですが、遺族の悲しみを和らげる効果もあると言われています。四十九日の法要が終わるまでは、鮮やかな色の花は飾ってはいけないとされているので、白い花をお供えします。

お供えの花として、最初に思いつくのは「菊」ではないでしょうか。菊は、お供えに最も適した花と言われています。菊の花は持ちがよく、邪気を払う力があるとかんがえられていました。仏教、キリスト京共に、白い菊をお供えすることがよくあります。菊の花言葉は「清浄」「高尚」です。花言葉からもお供えに向いていると言えるでしょう。

5月から9月の時期なら、トルコキキョウも良いでしょう。白と青を貴重にした種類があり、お供えに適しています。また、スターチスも白や青があり、お供えに適した花です。花言葉は「変わらぬ心」「途絶えぬ記憶」で、こちらも、お供えに合っています。

キリスト教の場合、カーネーションをお供えする場合が多くあります。白や淡いグリーンが法事に向いている色です。
その他にも、最近では故人が好きだったお花でアレンジメントを作って持っていくのもよいでしょう。法事が終わり、お供えの生花を持って帰る際に持ち運びにも便利ですし、持ち帰った後も花瓶に生けなおすことなく、そのまま飾れるので喜ばれます。

後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!

  • 購入する時の注意点とは
  • 価格・サイズ・設置例を詳しく
  • 我が家にぴったりのお仏壇とは
  • お仏具の役割やお飾りの仕方
  • ご安置のポイント
  • お仏壇Q&A
  • お仏壇選びステップガイド
  • リビングルームにあうカタログ
上記の資料請求(無料)はこちら