ご本尊とは

ご本尊とは、宗教の信仰対象物となる仏像や掛け軸のことを指します。宗派によって違いはありますが、一般的に先祖代々のご本尊を仏壇に供え、子孫が受け継いで守っていきます。そのため、新たに仏壇を購入する際は先祖代々のご本尊を知り、仏壇と共にお迎えしなければなりません。

そこで、普段あまり知る機会のないご本尊の意味や、仏壇の選び方などについて紹介します。

後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!

  • 購入する時の注意点とは
  • 価格・サイズ・設置例を詳しく
  • 我が家にぴったりのお仏壇とは
  • お仏具の役割やお飾りの仕方
  • ご安置のポイント
  • お仏壇Q&A
  • お仏壇選びステップガイド
  • リビングルームにあうカタログ
上記の資料請求(無料)はこちら

都道府県一覧から仏壇店を探す

いい仏壇では、ご希望のエリア、仏壇・仏具の種類や特色、宗旨・宗派などの検索条件で全国の仏壇店を探すことができます。

ご本尊とは

ご本尊とは、仏教寺院や各家庭の仏壇において、重要な信仰対象物となる仏像(彫刻品)や掛け軸のことです。基本的に家庭の仏壇には、中央にご本尊が祀られます。

ご本尊は各宗派の教えを具象化したものなので、それぞれの宗派に合わせたご本尊をお祀りしましょう。例えば、真言宗は大日如来、天台宗は阿弥陀如来、曹洞宗は釈迦如来、日蓮宗は曼荼羅などを祀ります。この他にもたくさんの宗派があり、祀り方には宗派だけでなく地域性も関係してくるので、購入する際は仏具店に確認するとよいでしょう。

ご本尊と仏壇の必要性

核家族化が進む現代の日本では、仏壇が家にある人は少なくなっています。また、マンションなど居住スペースに限りがあり、仏壇を置く場所を確保できないという住宅事情も仏壇離れに拍車をかける一つの要因と言えます。

確かに、必ず仏壇を置かなければならないという決まりはありませんし、「実家に仏壇があるので必要ない」と考える方もいるかもしれません。

しかし、ご本尊と仏壇は、長い歴史の中で私たちの日常生活と共にあり、「心のよりどころ」として支えになっていた存在です。ご先祖様や家族が亡くなった命日に、家族がそろって仏壇に手を合わせる機会を設けることで、家族が一緒に過ごす時間を作ることができます。

また、ご本尊と仏壇は先祖代々からの命のつながりを確認するだけでなく、大切な人を亡くした悲しみを癒すという役割もあります。「亡くなった人との語らいの場」として仏壇の役割はとても大きいと言えます。

ご本尊の形式

ご本尊の種類は、仏像(彫刻品)と掛け軸があります。仏像の材質は木、土、金属、石などがあり、中でも一番使用されているのが木材です。木材によって作られた仏像は、使用する木の種類によって仏像の様相も変わってきます。高品質なものでは、白檀(びゃくだん)を使用したものなどがありますが、白木や柘植(つげ)などさまざまな木材が使用されています。一方、仏様のお姿を絵に描いた掛け軸には、手書きのものや印刷されたものがあります。

ご本尊・脇侍と合わせてお祀りするのが正式な方法で、宗派によって種類が違ってくるので注意が必要です。宗派の教義やしきたりなどに合わせてご本尊を選びましょう。

宗派別に紹介すると、天台宗浄土宗浄土真宗本願寺派・真宗大谷派が阿弥陀如来、真言宗が大日如来を祀ります。また、臨済宗と曹洞宗は釈迦如来、日蓮宗が曼荼羅を祀ります。

ご本尊の開眼法要

仏具店などで購入したご本尊は、菩提寺で開眼法要を済ませてから仏壇に安置します。「魂入れ」とも呼ばれるこの法要は、宗派によって呼び名が違い「入仏式」や「入魂法要」とも呼びます。ご本尊である仏像や掛け軸をお迎えしても、魂を入れなければ意味がないと考えられているためです。

一般的に家族を亡くした時は、四十九日と併せて開眼法要を行います。

 

>>開眼法要について詳しく知る

失敗しない仏壇選び

仏壇はご本尊やご先祖様をお祀りする大切なものですが、いざ購入しようと店を訪れても簡単には選べないものです。伝統工芸品としての価値も高い仏壇は、専門的な知識を持っていないと技術の違いや価格の相場を判断することはできません。仏壇は一生に一度の買い物ですから、後悔のないように十分な知識を身に付けておきましょう。

仏壇には、唐木仏壇、金仏壇の2種類があります。唐木仏壇は、木目が美しく、銘木と呼ばれる紫壇や黒壇を使用した仏壇です。この仏壇は、木材の種類によって値段が大きく異なるのが特徴です。総無垢の唐木仏壇が、最も高価で貴重とされています。

また、全体に漆塗りが施され、内側に金箔が張られている金仏壇は、伝統的材料と多くの職人の技術で作られる高級仏壇と言えます。しかし、金仏壇の価値はどれだけ多くの職人が手間をかけたかによって決まるので、一見しただけではわかりにくいと言えます。本物の高価な金仏壇は年月を経ても、修復できるように作られています。仏具店に足を運んだ際に、訪ねてみるのもよいでしょう。

まとめ

先祖代々のご本尊を受け継ぎ、仏壇とともにお迎えするというのは費用や準備の面でも非常に大変です。ご本尊は、地域や宗派によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。また、仏壇は一生のうちに何度も買い替えるものではないので、住宅事情はもちろん、実際の価値などを踏まえて選ぶようにしましょう。あらかじめ見積もりが欲しい方や、まずは相談してみたいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!

  • 購入する時の注意点とは
  • 価格・サイズ・設置例を詳しく
  • 我が家にぴったりのお仏壇とは
  • お仏具の役割やお飾りの仕方
  • ご安置のポイント
  • お仏壇Q&A
  • お仏壇選びステップガイド
  • リビングルームにあうカタログ
上記の資料請求(無料)はこちら