1. 川辺仏壇

川辺仏壇

川辺仏壇の歴史

川辺仏壇は、長野県飯山市で生産されるお仏壇です。 川辺仏壇は、鹿児島県川辺町を中心に製造される金仏壇のこと。 川辺は古くから仏教の信仰が盛んな土地で、仏壇がはじめて造られたのは12世紀初期であると言われています。 薩摩地方は島津藩主による一向宗の禁制(1597年)と明治初期の廃仏毀釈により、多くの仏像・仏壇が失われた経緯があります。それが信仰をより強める機縁となりました。山間に残る「隠れ念仏」の跡はその表れです。 川辺仏壇を代表する「ガマ壇」という様式は、川辺の歴史的経緯が色濃く表れていると言われます。

川辺仏壇の特徴

川辺仏壇は、杉、松などを木地の材料とし、天然本黒塗りの後、純金箔や純金粉を使用し仕上げます。木地、宮殿、彫刻、金具、蒔絵、塗り、仕上げの各部門の職人たちの分業体制により製作され、小型の仏壇であるのが特徴です。

伝統的工芸品

川辺仏壇は、昭和50年に通産大臣から「伝統的工芸品」の指定を受けました。 基準は以下の通りです。

彦根仏壇伝統的工芸品基準

技術・技法 1.「木地」の構造は「ほぞ組み」による組立式であること。
2.宮殿造りは、「本組技法」によること。
3.塗装は、精製漆を手塗りすること。
4.金箔押しをすること。
材料 1.木地は、スギ、ヒバ、ホオ若しくはマツ又はこれらと同等の材質を有する用材とすること。
2.金具は、銅若しくは、銅合金又はこれらと同等の材質を有する金属製とすること。
3.漆は、天然漆とすること。

川辺仏壇「安心のマーク」

川辺仏壇には、伝統的工芸品マーク以外にも、ひとつひとつに責任と保障のラベルが添付してあります。

会員登録商標マーク
川辺仏壇協同組合の仕上会員全てに番号が与えられており、製作者が自信を持って製作した製品であることを示すマークです。
材料商標番号
川辺仏壇協同組合の組合会員全てに番号が与えられており、使用されている材料の製作者が自信を持って製作したことを示す保証マークです。
品質推奨マーク
組合加盟会員が製作した商品で伝統的技法を用いながら近代技術により製作した製品であることを示すマークです。
うるしマーク
厳選された天然の本漆を用い、手塗りの後、純金箔押しの技法により製作されたことを示す品質保証のマークです。

◆資料・画像提供:鹿児島県川辺仏壇協同組合

お近くで『金仏壇』をお得に購入できる仏壇店

上記以外でにある金仏壇を探す

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター