三河仏壇とは?愛知生まれの金仏壇の起源と特徴

矢作川から得られた松・杉・桧を原料にして製造された仏壇が三河仏壇の起源とされます。

三河仏壇は、愛知県岡崎市を中心に製造される金仏壇です。三河仏壇の歴史や特徴について紹介します。

三河仏壇の歴史

三河仏壇の起源は、江戸時代の中期。元禄年間(1658~1704年)に、矢作川から得られた松、杉、桧を原料に仏壇が造られたのが始まりとされています。

明治中期以降には、岡崎市だけでなく、幡豆郡や西尾市、刈谷方面にも仏壇製造が広まりました。その後は、三河地方一帯が仏壇の産地として栄えていきました。

三河仏壇の特徴

三河仏壇には、さまざまな伝統的技術が使用されています。

三河仏壇の特徴は以下の通りです。

  • 台は低めの構造で、引出しは三杯になっていること
  • 台の前の欄がうねり長押になっていること
  • 欄間、中障子に花子彫りが入っていること
  • 障子腰に蒔絵板が入っていること
  • 胴内に経本が入っていること
  • 一帖入、および戸扇式(ギリ仕上)の四帖入があること
  • 屋根(宮殿・荘厳)の小長押がうねり型であること
  • 台に薄引出しが取り付けられていること

「伝統的工芸品」基準をクリア

伝統証紙は、伝統的な技術・技法・材料で手作業により製造したことを証明する文書です。三河仏壇にはこの「伝統証紙」が貼られています。

伝統的工芸品とは優れた日本の伝統産業を後世へ継承するための基準。経済産業大臣が指定した条件を満たし、産地検査に合格した製品には伝統マーク入りの伝統証紙が貼られます。

三河仏壇に定められた基準

技術・技法

  1. 「木地」の構造は「ほぞ組み」による組立式にする。
  2. 長押は「うねりなげし」「かぶとなげし」または「通しなげし」にする。
  3. 障子は、「腰付花子障子」「通し腰付障子」「花頭障子」または「通し障子」にする。
  4. 宮殿造りは「肘木桝組み」にする。
  5. 塗装は精製漆を手塗りする。
  6. 木目出し塗りには「ろいろ仕上げ」をする。
  7. 蒔絵、および金箔押しを施す。

材料

  1. 木地には、ヒノキ、ケヤキ、ヒメコマツ、ホオノキ、イチイ、センノキ、もしくは、これらと同等の材質の素材を使用する。
  2. 金具には、銅、銅合金、もしくは、これらと同等の材質のものを使用する。
  3. 漆には天然漆を使用する。

後悔しないお仏壇選びのための総合カタログをプレゼント!後悔しないお仏壇選びのための総合カタログプレゼント!

  • 購入する時の注意点とは
  • 価格・サイズ・設置例を詳しく
  • 我が家にぴったりのお仏壇とは
  • お仏具の役割やお飾りの仕方
  • ご安置のポイント
  • お仏壇Q&A
  • お仏壇選びステップガイド
  • リビングルームにあうカタログ
上記の資料請求(無料)はこちら

資料・画像提供:三河仏壇振興協同組合

いい仏壇で仏壇店・仏具店を探す

エリアを選択してください

仏壇の種類
この記事を書いた人

仏壇・仏具・仏壇店を日本全国5,000店舗以上から掲載している「いい仏壇」です。お仏壇は、亡くなられたご家族やご先祖様を供養したり、ご本尊様に手を合わせたりといった、心の拠り所となる大切なものです。一生に何度も買うものではありません。そのため、「どのようにして選んだら良いかわからない」という声をよく聞きます。 そのような皆様の不安を払拭するべく、鎌倉新書では、専門書籍の発行で培ってきた知識と経験、皆様の口コミにより、お仏壇・仏壇店の良い選び方、信頼できる仏壇店のご紹介、仏壇や仏具の情報をご提供をさせていただいております。より多くの方に納得のいくお仏壇選びをしていただくこと、それが私どもの望みです。また、各仏壇店のクーポンも発行しています。

いい仏壇(株式会社鎌倉新書)をフォローする
はじめてのお仏壇ガイド | 仏壇・仏具のことなら「いい仏壇」