1. 打敷

打敷

打敷はお仏壇の前机(前卓)または上卓に飾る敷物です。すべての宗派で使用しますが、それぞれ形や色、柄が異なります。ご自宅の宗派の打敷を選び、お仏壇のサイズに合わせた寸法のものを探しましょう。

打敷とは

打敷はお仏壇を飾る荘厳具の一種で、内敷や打布、内布といった別名があります。釈迦の高座に感謝と尊敬の念を込めて仏弟子たちが自分の衣服などを敷いたことが起源とされており、その後お仏壇に荘厳する仏具として用いられるようになりました。「敷物」を「打つ」=「張る」ことから、打敷と呼ばれています。平時で使用することはありませんが、法要や彼岸などにはすべての宗派で使用します。なお、選ぶ際は名古屋寸法と京寸法によって大きさが違いますので注意が必要です。同じ50代の打敷でも京寸法の場合は約29センチ、名古屋寸法は約42センチと変わってきます。

打敷を探す

夏用と冬用の使用期間

正式には夏用と冬用とで使い分け、四十九日には白地の打敷を用います。

夏用

6月頃~9月彼岸入り以前まで使用。正絹紗などで作られるとても涼やかな薄手の打敷です。

冬用

彼岸入り~5月頃まで使用。厚手で美しい刺繍が施されているものが多くあります。

1,000円前後と手頃な機械刺繍のものから、西陣織や正絹製、手刺繍など、数万円もする非常に高価なものまで幅広い種類があります。仏壇店で実際に確認し、品質・価格ともに納得できる打敷をお選び下さい。

打敷を探す

宗派による違い

浄土真宗本願寺派

逆三角形の打敷で、その形状から「三角打敷」とも呼ばれます。宗紋が入ったものや織物の打敷を主に使用します。浄土真宗本願寺派では前卓の大きさよりもやや大きいサイズが最適とされています。

真宗大谷派

逆三角形の打敷で、その形状から「三角打敷」とも呼ばれます。宗紋が入ったものや刺繍が施された打敷を主に使用します。真宗大谷派では前卓の大きさよりもやや大きいサイズが最適とされています。

その他の宗派

四角形の打敷を使用します。宗紋が入ったものや織物タイプなどさまざまな打敷が仏壇店で販売されています。特注で家紋入りの打敷を作るサービスを行う店舗もあります。

打敷を探す

各宗派の宗紋

  • 天台宗
    三諦星(さんたいせい)
  • 高野山真言宗
    桐紋、巴紋
  • 日蓮宗
    井桁に橘
  • 曹洞宗
    笹竜胆(永平寺)・五七桐(総持寺)
  • 浄土宗
    月影杏葉(つきかげぎょよう)
  • 浄土真宗本願寺派
    下がり藤
  • 真宗大谷派
    抱牡丹

打敷を探す

打敷を飾る場所

具足をお供えする前机(前卓)、上卓に敷いていきます。いずれの卓・机も打敷を挟む下水板(げすいいた)がありますので、本体とそのあいだに敷きます。宗派やお仏壇の大きさによって前机(前卓)や上卓の位置に違いがありますが、具足を飾る場所に打敷を敷くと覚えておけば心配ありません。おめでたい法要などの日には華やかな打敷を選ぶなど、心を配ったお飾りはきっと仏様も喜ぶはずです。

お手入れ方法

本尊やご先祖様に感謝し、お仏壇を美しく荘厳するための仏具である打敷には、見返りを求めず誰かのために尽くし与える「お布施の心」が込められています。その心を大切に、打敷は常に清潔な状態を保っていたいものです。お手入れは素材や製法によって方法が変わってきますので、まずは近くの仏壇店に相談してみましょう。万が一シミや色あせが起こったとしても専門の仏壇店に依頼すれば新品同様の洗濯をしてくれます。

そのほかの敷物「経机掛け」

前机(前卓)もしくは上卓には打敷を敷くように、経机にも専用の敷物「経机掛け」があります。こちらは線香による火災防止や、仏具の移動で経机に傷がつかないように作られました。必要不可欠な仏具ではありませんが、大切なお仏壇をきれいなままお使いになりたいという方にはおすすめのアイテムです。経机の寸法に合うちょうどよいサイズを選んで敷きましょう。

打敷を探す

お仏具の種類

仏像

掛軸

お位牌

過去帳

具足

香炉

ローソク立て

花立て・花瓶

法名軸

打敷

経本

リン

木魚

燈篭

瓔珞

仏飯器・茶湯器

霊供膳

高坏

経机

盆提灯

常花

お近くで『お得に』購入できる仏壇店

上記以外でにある仏壇店を探す

「仏壇、仏具選びのポイント」の他のカテゴリ

「お仏具とお位牌」の他の記事

戒名

戒名の位と宗派による違いを解説します

お数珠

数珠の種類と宗派による掛け方の違い

お線香

バラエティーに富む、お香とお線香の世界

各宗派のお仏具の飾り方

各宗派の標準的な祀り方について解説しています

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター