1. 長岡仏壇

長岡仏壇

長岡仏壇の歴史

長岡市、小千谷市、十日町市が主な製造地域である長岡仏壇の起源は、17世紀頃といわれています。長岡藩内の寺院や社殿を手掛ける宮大工や仏師、彫刻師などが雪深い冬に行う内職として、仏壇の製作が行われました。そして後に長岡藩では浄土真宗の保護政策により庶民の間にも仏壇文化が浸透していき、19世紀前半には同仏壇製造は産業化へと発展していきました。

長岡仏壇の特徴

長い年月が経っても世代を越えて受け継がれていくことができる長岡仏壇。その理由は台座と主体が分かれる組立方式にあります。また、国産の天然漆、ケヤキをはじめとする木目の美しい素材を使用するほか、宮殿の屋根が「三屋根作り」であることも同仏壇の大きな特徴です。「木地」、「彫刻」、「金具」、「塗り・箔押し」、「蒔絵」の5部門、6工程に分かれて職人が伝統的な長岡仏壇を仕上げていきます。 長岡仏壇の主な伝統的技術・技法は、以下の通りです。
・木地の構造は「ほぞ組み」による組み立て式。
・立体感、透け感などを意識した彫刻技術。
・漆は手塗りし、木目出し塗りではつやを抑える「ろいろ仕上げ」とする。
・「漆盛蒔絵」などの蒔絵と「艶出し押し」、「艶消し押し」といった金箔押しの技術。
・漆は天然漆、木地はケヤキ、ヒメコマツ、ヒバ、ホオ、ヒノキなどを使用すること。

伝統的工芸品

長岡仏壇は、昭和55年10月16日に経済産業大臣より「伝統的工芸品」の指定を受けました。 厳選の良質素材に伝統的技法を用いて手作りで製造される同仏壇には、経済産業大臣指定の「伝統証紙」と組合独自の「組合指定証紙」が貼られ、品質が保証されています。「伝統証紙」とは、経済産業大臣指定の伝統的工芸品としての審査に合格した製品のみに貼られるものです。

お近くで『金仏壇』をお得に購入できる仏壇店

上記以外でにある金仏壇を探す

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター