1. 広島仏壇

広島仏壇

広島仏壇の歴史

広島仏壇は、長野県飯山市で生産されるお仏壇です。 13世紀以降浄土真宗が広まって以来、信仰心の強い宗徒「安芸門徒」らの心の拠り所として受け入れられた広島仏壇。元和5年(1619年)の前紀州藩主である浅野氏の広島への転封で漆塗技術が、享保元年(1716年)の僧侶・敦煌によって京阪の仏壇・仏具の技術が導入されたことで、同仏壇はさらに発展していきます。 そしてその後、瀬戸内海の物流ルートから積極的に県外出荷を拡大し、大正末期には全国仏壇生産量一位を誇る金仏壇の一大産地として知られました。第二次世界大戦の壊滅的な被害を多くの人々の力で乗り越え、復興を遂げた現在は広島市、三原市、福山市、府中市、三次市などで仏壇製造が行われています。 都府で製造される伝統的な金仏壇です。江戸時代初期に発布された宗門改め制度によって民衆に仏壇文化が浸透したこと

広島仏壇の特徴

漆塗や蒔絵の高度な技術によって優雅な美しさが際立つ広島仏壇の製造は、木地・狭間・宮殿・須弥壇・錺金具・漆塗・蒔絵・塗の7工程に分かれており、各工程を「七匠」と呼ばれる専門の職人が分業して仏壇を作り上げています。 広島仏壇の主な伝統的技術・技法は、以下の通りです。
・木地の構造は釘を使わず、「ほぞ組み」による組み立て方式とする。
・寺院建築を「枡組」による宮殿作り。
・蒔絵は砥粉と膠を合わせた「高蒔絵」、漆塗りの技法は「立て塗り」。
・木地はスギ、松、ヒノキ、などの木材を使用すること。

伝統的工芸品

昭和53年2月6日に経済産業大臣より「伝統的工芸品」の指定を受けた広島仏壇は、経済産業大臣指定の「伝統証紙」と組合独自の「組合指定証紙」が貼られ、その品質が保証されています。「伝統証紙」とは、経済産業大臣指定の伝統的工芸品としての審査に合格した製品のみに貼られるものです。

お近くで『金仏壇』をお得に購入できる仏壇店

上記以外でにある金仏壇を探す

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター