1. 仏壇公正競争規約特集

入選作品発表 手を合わせてつながる絆

2013年4月27日から「仏壇公正競争規約」が全面施行され、参加している仏壇店は規約の順守が義務付けられます。

仏壇公正競争規約とは

「海外製のお仏壇なのに『国産』と表示されている」
「銘木と言われる紫檀が使われていないのに『紫檀仏壇』として販売されている」
近年、このような消費者から苦情が全国の消費者センターや消費者庁に多く寄せられておりました。これまでお仏壇には品質や産地、仕様等の統一的な基準がなく、そのことが消費者の不信を生み出していたのです。
「仏壇公正競争規約」は、お客様に安心してお仏壇を選んでいただくためのルールです。仏壇業界がルールを制定し、公正取引委員会と消費者庁に認定・承認されました。

仏壇公正取引協議会

仏壇業界が全国統一的なルールを策定するために設立した団体、それが「仏壇公正取引協議会」です。
「仏壇公正取引協議会」は、お仏壇の品質表示と原産国表示にルールを設け、不当な二重価格表示を制限することにより、安心してお客様にお仏壇を購入していただくことを目的としています。
協議会の設立は2012年5月16日。1年の準備期間を経て、2013年4月27日から「仏壇公正競争規約」が全面施行され、参加している仏壇店は、規約の順守が義務付けられます。

■仏壇公正取引協議会ホームページ
http://www.butudan-kousei.com/

会員マーク

協議会に参加している仏壇店の店頭やホームページ、チラシ等には、会員マークが表示されます。 お客様にとって、この会員マークは適正な品質表示や原産国表示を行うお店の目印になります。 お店を選ぶ際の判断基準とされるとよいでしょう。

仏壇公正取引協議会 会員店舗

「いい仏壇」に掲載されている仏壇競争規約参加店舗をご紹介致します。 参加店舗には、店舗ページに会員マークが掲載されています。 都道府県一覧、住所入力でお住まいやご実家、最寄駅からお探しください。

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター