1. ポイント(形・種類で選ぶ)

ポイント(形・種類で選ぶ)

お仏壇は大きく分けて、伝統的な形式で造られた伝統型仏壇と、現代的な洋間に合うように造られた家具調仏壇があります。
伝統型仏壇は、全体に黒の漆塗りが施され、内部に金箔が貼ってある金仏壇と、黒檀や紫檀といった銘木の美しい木目を生かした唐木仏壇に分けられます。お仏壇を購入する際は、ご自分の希望や家の事情を踏まえた上で、どの形のお仏壇を選べばいいかを決める必要があります。

金仏壇

金仏壇は、白木を素地に漆やカシューなどで仕上げ、金箔や金粉で装飾を施した仏壇のこと。「塗り仏壇」とも呼ばれています。
金仏壇は、宗派によって形状・内部のつくりが大きく異なっています。特に浄土真宗の西本願寺派・東本願寺派・高田派の各派は、様式の違いが顕著で、宮殿や欄間のかたちに違いがみられます。これは、金仏壇が各宗派の本山寺院の本堂(内陣)を模しているという理由によります。
また、加賀蒔絵をふんだんに用いた金沢仏壇や、台の部分が高く、「まくり」を備えた名古屋仏壇など、各産地によっても、それぞれに特徴が見られます。 ご自身の家の宗派や地域によって、選ぶお仏壇は自然と決まってくるでしょう。

なお、ご自身の家の宗派や地域とは違った仏壇を選んではいけないという決まりはありませんし、浄土真宗以外の宗派で金仏壇を置いてはいけないということもありません。

  • 京仏壇
  • 三河仏壇
  • 川辺仏壇

おすすめ金仏壇

唐木仏壇

唐木仏壇とは、黒檀や紫檀などの輸入銘木や、ケヤキや桑などの国産の銘木を使い、木材の木目を生かして造られた仏壇のことをいいます。
唐木仏壇は、宗派による形の違いはありません。あっさりとしたつくりの東京仏壇、内部が三方金で飾られた大阪唐木仏壇など地域による違いはありますが、家具調仏壇に近い形状のものなど、伝統と現代をミックスさせた製品も多く造られています。また、関東仏壇のような、伝統和家具のようなスタイルの仏壇もあります。
浄土真宗以外の宗派では唐木仏壇が用いられることが多いのですが、浄土真宗の場合でも唐木仏壇を選ばれる方もおられます。

  • 唐木仏壇
  • 唐木仏壇
  • 関東仏壇

おすすめ唐木仏壇

家具調仏壇

家具調仏壇とは、日本の都市型住居に合うようにデザインされた、家具のようにすっきりとしたデザインのお仏壇のことです。
「家具調仏壇」は一般に、インテリア性を重視したすっきりとしたデザインとなっています。伝統仏壇の特徴である欄間彫刻や宮殿、障子も用いられていないものも多くあり、 また、ガラス扉や椅子付きのもの、天井に照明が付き、LEDを使用したものもあります。
様々なデザイン・スタイルがありますので、家の間取りや環境、故人の好みやイメージで、自由に選ばれるとよいと思います。

  • 家具調仏壇(台付き)
  • 家具調仏壇(上置き)
  • デザイン仏壇

おすすめ家具調仏壇

仏壇店・仏壇を探す

お近くで『お得に』購入できる仏壇店

上記以外でにある仏壇店を探す

「お仏壇の選び方と買い方」の他の記事

いい仏壇を使った仏壇店 選びのポイント

仏壇店選びなら、日本最大級のいい仏壇を使って、お得に仏壇を購入する方法をご紹介

初めての仏壇の選び方

仏壇選びのポイントを3つに絞ってご案内

置く場所で選ぶ

置く場所によって選ぶ仏壇も変わります

宗旨・宗派で選ぶ

宗旨・宗派による決まりはあるの?

お仏壇の買い方

お仏壇の買い方をご指南します

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター