1. いい仏壇トップ
  2. よくある質問
  3. 数珠の宗派による特徴

よくある質問

キーワードから探す

宗派によって数珠は違うのですか?


浄土真宗の場合、念仏を唱えることを行とは考えないため、数取りができないように房が「蓮如結び」になっています。形や数にこだわりません。
浄土宗では、二つの輪を一つに繋いだような形が特徴です。
天台宗は、平玉が特徴です。
日蓮宗は、日本の親玉の一方に房が3本ついているのが特徴です。
曹洞宗にはカネの輪(銀輪)が入ります。

>質問一覧へ戻る

関連ページ

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター