1. いい仏壇トップ
  2. 仏壇のアレコレ・・・ 記事一覧
  3. 仏壇は位牌を安置する場所?それとも仏様を安置する場所?

仏壇は位牌を安置する場所?それとも仏様を安置する場所?

仏壇というものは、一般に、位牌を安置する場所であると考えられています。だから仏壇にお参りするときは、ご先祖様の霊を想ってお祈りを捧げています。
 これに対して、お寺の住職さんたちの中には、「仏壇というものは、本来、本尊をおまつりする場所なんですよ。位牌は、本尊の近くに置かせていただいているのですよ」と話す人もいます。
 たしかに仏教の教義からいえば、こうした考え方のほうが正しいのです。
 真宗のように、仏壇は本尊(真宗では阿弥陀如来)をおまつりする場所という考え方が徹底されていて、仏壇に位牌を置かない宗派もあります。
 しかし多くの人は仏壇に向かうとき、まず、両親や祖父母などの肉親の霊に想いをはせています。まして仏壇を買おうとする理由は、肉親の位牌を置くことであることがほとんどです。
 こうした傾向を「間違っている」という人もいますが、はたして本当にそうでしょうか。ご先祖様を敬い、故人に霊を思いはせるということは、とても尊いことです。こうした身近な霊への思い、つまり亡くなった肉親への思いを大切にするということが、日本人の信仰のすばらしさです。何も、本格的にお釈迦様の教えを理解して、実践するということを、全員が全員やる必要はないでしょう。
 確かに本来の仏教の立場からいえば、本尊をそこに安置し、仏様に祈りを捧げるためにあるのが仏壇です。
 でも、そんなに堅苦しく考えずに、ご先祖様の位牌を安置して、ご先祖様の冥福を祈る場所と考えていても悪いことではないでしょう。むしろ日本人の宗教性を考えると、こちらのほうが日本人らしく、また日本人にあっているように思えます。




日本全国から最適な仏壇を探す

ブログの一覧ページへ戻る

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター