1. いい仏壇トップ
  2. 仏壇のアレコレ・・・ 記事一覧
  3. 仏壇の修復の注意点

仏壇の修復の注意点

親の代や、祖父母の代から使っている仏壇が傷んできたとき、新しい仏壇を買わずに修復して使いたいと考えるのは自然なことです。
仏壇は、きちんと手入れさえしていれば、五十年でも百年でも使えるものです。むしろ長年使い込んだ仏壇には、えもいわれぬ味わいがあります。
仏壇の修復を「おせんたく」といいますが。本格的に「おせんたく」をすると、新品と区別のできない姿になって戻ってきます。できることなら修復をして大切に使い続けたいものです。
修復をするためには、まず仏壇店の人を呼んで、見積もりをとってもらいます。見積もり時に気をつけたいことが、金額だけでなく、修復にどのくらいの日数がかかるのかということです。時には何カ月もかかることもあるので、注意しないと、年忌法要などのときに仏壇が無いということにもなりかねません。
修復に出している間の、本尊や位牌の安置場所も問題となります。檀那寺に預かってもらう方法と、仏壇がおいてあった場所にそのまま安置するという方法があります。もとの場所に安置すれば毎日のお参りを続けることができます。
また仏壇を修復に出すときは、買い替えの時と同様に、修復に出す前に魂抜き、修復から戻ってきたら魂入れの儀式が必要となることも忘れてはいけません。
ひとつ注意したいのは、修復はどの仏壇でもできるわけではないことです。
仏壇の修復ができるのは、ある程度きちんとした作り方をした仏壇だけだからです。修復のできない仏壇を修復したいといわれて、困ってしまう仏壇店もあるようです。
安い仏壇の中には、表面の木目が印刷でそれがはがれてしまったり、木が十分に乾燥されていなかったため、時を経るにつれて木がゆがんでしまうものも少なくありません。こうした仏壇の中には修復できないものも多いですし、修復ができても、かえって新しい仏壇を買うよりお金がかかってしまうことがあります。
修復が可能な仏壇は、きちんとした作り方をしたものだけです。金額の高い仏壇ならば、必ず修復ができるというものでもありませんが、一般的には、金額の高い仏壇ならば修復可能で、金額の低い仏壇は修復ができないという傾向があります。
これは仏壇を購入するときの心構えとしても覚えておくといいと思います。子供や孫の代まで使わせようと思ったら、それなりの仏壇を買わなければならないのです。長い目で見たら、こちらのほうが得なのですから。




日本全国から最適な仏壇を探す

ブログの一覧ページへ戻る

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター