1. いい仏壇トップ
  2. 仏壇、仏具選びのポイント
  3. お仏具とお位牌
  4. お仏具と意味と種類
  5. 高坏

高坏

「高坏(たかつき)」は菓子や果物など、仏様にお供えをする食物を盛る台です。「高月」という別名で呼ぶこともあります。「仏飯器」・「茶湯器」と同じく飲食供養具の一つであり、本来は命日などの特別な日にのみ使用します。なお、真宗では「高坏」を用いずに「供笥(くげ)」を使用することが正式とされています。

高坏とは

仏前に食物、茶湯を捧げる飲食供養具(おんじきくようぐ)の一つです。高杯の脚の高さには、仏様を敬う心を表しているともいわれています。日本では縄文時代から使われている高さのある台で、平安時代以降には上流階級の食器として木製、漆塗り仕上げの器となりました。お仏壇で使用する高坏は東型高坏や貫通型高坏などさまざまな種類、形状を見ることができます。正式な高坏の皿は角高形ですが、現状は略式とされる円形のものがほぼ一般的となっています。家紋を入れた高坏は家紋を手前に向かせて見やすいように置きましょう。高坏は絶対に必要な仏具ではないものの、使用頻度が多いためできれば揃えたい仏具です。使い勝手のよい大きさとお仏壇に映えるデザイン・色の高坏をお選び下さい。最近では家具調仏壇にも合うインテリア感覚でアレンジが可能なクリスタル製や、お手入れが楽なプラスチック製の高坏も登場しています。
【高坏の主な種類】
東型高坏、中京型高坏、京型高坏、鶴高坏、貫通型高坏、金蓮華高坏

高坏を探す

飲食供養

三宝(仏・法・僧)に対して供給奉養(くきゅうぶよう)の精神で、感謝の思いと信仰心を表す行為が「供養」です。その一つである飲食供養は食物、茶湯を仏前に捧げることをいい、香供養・花供養・灯供養と合わせて大切なご供養の形です。飲食供養具には「仏飯器」・「茶湯器」のほかにも、仏飯器を置く「仏器台」、食物を盛る脚付きの器「高坏(たかつき)」、主に真宗で餅や菓子などの供物を供える際に使用する「供笥」、複数の供物を供える「段盛(だんもり)」などがあります。 また、供物そのものは総称して「華足(けそく)※」と呼び、初七日から四十九日、祥月命日、春秋のお彼岸などには、4つの椀に「高坏(腰高、高皿)」、「箸」を「仏膳」に並べた「霊供膳(れいぐぜん)」をお供えします。 ※真宗では「華足」を「供笥」の別称としています。

高坏を探す

高坏の使用方法、置き場所

命日などの特別な日に用いるのが基本的ですが、いただきものをした時や故人の好きだった食べ物をお供えする時にも使用して構いません。使用方法は半紙を敷いた上に菓子や果物を盛り、仏前に供えます。仏飯器や茶湯器より下段、もしくは両脇などにたいてい置くものの、ほとんどの宗派で高坏の数や置き場所に特別な決まりはありません。朱色や黒、木目調などさまざまな色、素材がありますのでご家庭のお仏壇に合う高坏を揃えましょう。ちなみに、足が複数あるものは置き方に注意が必要です。奇数の場合は数が少ない足を手前に向けます。

高坏を探す

高坏?供笥?

いずれも菓子や餅、果物などを供える台ですが、真宗では高坏を仏具としておらず、供笥を使用することを正式としています。ただし供笥の用意ができない場合や唐木仏壇、家具調仏壇など、ご自宅のお仏壇とのバランスを考慮して高坏を代用することもあるそうです。

高坏を探す

七具足・十具足

「五具足」に茶湯器1・仏飯器1を加えた形式を「七具足」、「五具足」に茶湯器1・仏飯器2・高杯2を加えた形式を「十具足」と呼んでいます。

五具足(ごぐそく)

香炉1・ロウソク立て2・花立て2の形式です。香炉を中心に、両脇にロウソク立て一対、花立て一対を飾ります。正式な荘厳の形式ですが、通常時は略式の三具足を使用しているご家庭が多く、お仏壇の大きさや菩提寺の考えによっても荘厳の仕方が変わります。

高坏を探す

お仏具の種類

仏像

掛軸

お位牌

過去帳

具足

香炉

ローソク立て

花立て・花瓶

法名軸

打敷

経本

リン

木魚

燈篭

瓔珞

仏飯器・茶湯器

霊供膳

高坏

経机

盆提灯

常花

「仏壇、仏具選びのポイント」の他のカテゴリ

「お仏具とお位牌」の他の記事

戒名

戒名の位と宗派による違いを解説します

お数珠

数珠の種類と宗派による掛け方の違い

お線香

バラエティーに富む、お香とお線香の世界

各宗派のお仏具の飾り方

各宗派の標準的な祀り方について解説しています

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター