1. リン

リン

リンは漢字で「鈴」・「輪」と書く、木魚や木鉦と同じ梵音具(ぼんおんぐ)の一種です。「りーん」と鳴る音が特徴で、その澄み切った音は極楽浄土まで響き、仏様の耳にも届くといわれています。経本、前香炉、マッチ消し、線香立て、ロウソク消し、数珠とともに経机に置いて日々の勤行の際に鳴らして使用します。

リンとは

リンとは、読経時に鳴らす梵音具の一種です。古くは禅宗で用いられ、現在はすべての宗派において使用されています。形状の種類は鉢状や壺場が多く、浄土真宗本願寺派や真宗大谷派ではリンを置く「リン台」に指定があります。仏壇店で実物を確認し、お仏壇の大きさやデザインに合うものをお選び下さい。仏壇店ではリンを置く「リン台」、リンを打つ際に使用する「リン棒(バチ、バイとも)」の一式でたいていは販売されています。そのほか関連仏具として、衝撃を和らげる「リン布団」や「リン棒台」を合わせて購入される方も多くいらっしゃいます。また、最近人気の家具調仏壇用としては、リンとリン棒、リン台が一体となったスリムなタイプが支持されているようです。
お仏壇用のリンの大きさは、7センチ~15センチほどの直径のものが適しているとされています。伝統的なリンは黒や漆が施された深めの色が多く、ふちは厚めです。鋳造・鍛造のいずれかの方法で製造されており、鍛造されたものの中には「大徳寺リン」と呼ばれるリンがあります。これは寺院用のリンである「磬子」・「磬」のミニチュア版といわれています。

リンを探す

寺院で使用される梵音具

寺院で使用しているリンは在家用よりも大きく、18センチ以上のものがほとんどで「磬子(きんす、けいすとも)」・「磬」と呼ばれています。

リンの役割

リンは日々の勤行の際に使用します。具体的には読経の開始と終わりを合図し、読経中も調子を取る際にはリン棒でリンを叩き鳴らします。

梵音具とは

音を出して使用する仏具の名称です。リンのほかに、木魚、木鉦、鉦といった在家用のものから、梵鐘(釣り鐘)、鰐口(わにぐち)、鐃(にょはち)など、神社仏閣で使用されている大きなものまでさまざまな種類があります。梵音具が響かせる音は精神を統一するだけでなく、空間を清めて邪気から守ってくれるとされています。

リンを探す

宗派によるリンの違い

浄土真宗本願寺派

リンをリン布団の上に置き、リン台に固定します。リン台は六角型もしくは丸形を使用します。

真宗大谷派

リンを金襴輪(きんらんわ)の上に置き、リン台に固定します。リン台は四角型を使用します。金襴輪とは、金襴を巻きつけた中心部が空洞になった輪型の仏具です。真宗大谷派ではリン布団のかわりに用います。

そのほかの宗派

特に指定はありません。お仏壇の大きさや種類に合うリンをお探しください。

リンを探す

リンの選び方、音の出し方

リンを選ぶ際、第一に気を付けたいことは音色の確認です。大きさやメーカーによって音の美しさが変わってきますので、見るだけでなく実際の音を聞いてみることをおすすめします。リンを軽くたたかせてもらうことが可能であれば、ご自身で試されるほうがより良いでしょう。耳障りではない澄み切った音かどうか、余韻が長く続ききれいに消えていくかどうかご確認ください。一般的には銅と錫で作られたリンからは良質な音が出るといわれていますが、合金の比率や製造技術によって微妙に音色は異なります。

音を出す際は上から落とすように叩かず、横からリンのふちに沿って鳴らすときれいに響きます。ご購入後のお手入れは、汚れやサビなどによる変色が目立ってきたら、リン専用のクリーナーで丁寧にふき取り磨いていきます。しかし金属の種類によっては繊細なものもありますので、強くこすらないように注意をしてください。

リンを探す

お仏具の種類

仏像

掛軸

お位牌

過去帳

具足

香炉

ローソク立て

花立て・花瓶

法名軸

打敷

経本

リン

木魚

燈篭

瓔珞

仏飯器・茶湯器

霊供膳

高坏

経机

盆提灯

常花

お近くで『お得に』購入できる仏壇店

上記以外でにある仏壇店を探す

「仏壇、仏具選びのポイント」の他のカテゴリ

「お仏具とお位牌」の他の記事

戒名

戒名の位と宗派による違いを解説します

お数珠

数珠の種類と宗派による掛け方の違い

お線香

バラエティーに富む、お香とお線香の世界

各宗派のお仏具の飾り方

各宗派の標準的な祀り方について解説しています

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター