1. 法名軸

法名軸

法名軸(ほうみょうじく)とは、浄土真宗系の宗派で使用される掛軸であり、お仏壇の内部の側面に掛けておきます。掛軸には近くに亡くなった故人の死亡年月日と法名、または一族の法名を記します。

法名軸とは

浄土真宗系の多くの宗派では正式な仏具荘厳で位牌を用いず、法名軸をお仏壇内部の両側面に掛け、過去帳を置きます。法名軸とは、死亡年月日と法名を記した掛軸のことで、礼拝用の掛軸とは異なるものです。手次寺(他宗派における菩提寺)または仏壇店で買い求め、その後手次寺で祈祷を行いお仏壇に飾ります。小型のお仏壇のため、お仏壇の内部に法名軸が掛けられないご家庭については法名軸を用いず、過去帳のみを使用する場合もあります。浄土真宗では故人は亡くなると仏弟子として法名を授かり浄土へ導かれるとされていることから、法名軸は本尊・脇侍に近い位置へ置かれています。なお、平常時はお仏壇の内部に掛けておきますが、盂蘭盆会などにはお仏壇から出して掛けておく場合もあります。
※真宗高田派や一部地域によっては位牌を用いているところもあり、浄土真宗系の宗派や慣習によって荘厳形式が異なる場合もあります。

法名軸を探す

法名と戒名の違い

浄土真宗では亡くなった方に授けられる名前を戒名ではなく、法名や法号としています。戒名が戒律を守り仏門に入る者に対して贈られる名に対して、法名は仏の教えを守り、仏弟子となる者に贈られる名を意味しています。

法名軸の書き方

法名軸に法名を書き写すことは仏壇店でも依頼できますが、なるべくは手次寺にお願いしたほうがよいでしょう。タイミングとしては四十九日までに法名軸を購入し、住職に依頼します。その際、過去帳も持参して法名軸と合わせて法名を書き写して表装しますが、院号を本山から授与されている場合は、いただいた「院号法名」の本紙を法名軸に表装します。掛ける位置は、お仏壇に向かって右側に直近に亡くなった方やご両親の法名軸を、左側には一族の法名を書き写した「総法名軸」を掛ける場合が多いようです。法名軸を掛けたらお仏壇に置いていた白木の仮位牌は外しておきます。法名の記載、表装を仏壇店に依頼する場合は早ければ1週間、場合によって1ヶ月前後はかかりますので、なるべく早めに手次寺や仏壇店に相談し、依頼を行うことをおすすめします。

法名軸を探す

法名軸の種類・形状

白紙に「金襴(きんらん)」や「緞子(どんす)」といった紋織物で掛軸に仕立てたものが多く、大きさはお仏壇に合わせて幅広く売られています。一般的には、本尊・脇侍の掛軸が「金襴」で表装された場合はバランスを見て法名軸は「緞子」のものを選んだ方が好ましいとされています。

金襴

模様部分、もしくは地全体に金箔や金糸を使用して織り上げた紋織物。

緞子

経糸と緯糸をそれぞれ異なる色で織り上げたボリュームと光沢のある紋織物。金襴同様に高級織物として知られています。

また、宗派によって柄が異なり、たとえば「小ちぎり」、「雲桐」、「矢菱牡丹」、「大谷牡丹」などがあります。

法名軸を探す

法名軸のお手入れ

ご両親や直近に亡くなった故人を記した法名軸は比較的新しいため傷みはほぼないと思いますが、一族の法名を合わせた「総法名軸」は古くから伝えられるものですのですすで汚れたり、表装が色あせているものもあります。その場合は専門の仏壇店に依頼して法名が書いてある本紙はそのままに、しみ抜きや補色などの修復をしてもらうとよいでしょう。

浄土真宗はなぜ位牌がないのか?

浄土真宗以外の他宗派では、故人の象徴とする位牌をお仏壇に安置することがほとんどですが、浄土真宗では位牌は置かずに過去帳や法名軸を用います。亡くなった直後は白木の仮位牌を置くものの、四十九日後に本位牌を改めて作りません。これは浄土真宗の教えに基づいており、故人は現世にとどまることなくすぐに浄土で仏となると考えられているためです。

法名軸を探す

お仏具の種類

仏像

掛軸

お位牌

過去帳

具足

香炉

ローソク立て

花立て・花瓶

法名軸

打敷

経本

リン

木魚

燈篭

瓔珞

仏飯器・茶湯器

霊供膳

高坏

経机

盆提灯

常花

お近くで『お得に』購入できる仏壇店

上記以外でにある仏壇店を探す

「仏壇、仏具選びのポイント」の他のカテゴリ

「お仏具とお位牌」の他の記事

戒名

戒名の位と宗派による違いを解説します

お数珠

数珠の種類と宗派による掛け方の違い

お線香

バラエティーに富む、お香とお線香の世界

各宗派のお仏具の飾り方

各宗派の標準的な祀り方について解説しています

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター