1. 山形仏壇

山形仏壇

山形仏壇の歴史

伝統的工芸品として指定されている金仏壇の中で最も東北に位置する山形仏壇は、主に山形市、天童市、尾花沢市、酒田市で製造され、東北一の仏壇生産地として知られています。 起源は江戸時代中期、享保年間(1724年~1777年)、江戸で木彫りを学んだ星野吉兵衛によって始まったと言われています。 星野吉兵衛は欄間や仏具の彫刻の仕事を手掛け、その後、漆塗師や蒔絵師、金具飾職人などを結集し、多くの職人を養成することで仏壇製造を創業、山形仏壇は山形の重要な産業として発展しました。起源から300年以上の伝統を誇る山形仏壇発展の背景には、以下の理由があったと考えられています。
・紅花を中心とした特産品の交易によって京都方面への往来が増え、仏壇・仏具の製造技術、文化が伝わった。
・豊富な森林資源に恵まれ、すでに木工、漆工業が成熟していた。
・明治以降、分業制で仏壇を製造することによって伝統技術が保持され、より高度な技術を持つ職人が育っていった。

山形仏壇の特徴

木や漆といった天然素材の温かみと荘厳さが漂い、堅牢な作りが特徴の山形仏壇の製造は木地・宮殿・彫刻・金具・塗・蒔絵・箔押しと仕組の7工程に分かれており、明治以降は各工程を専門の職人が分業して仏壇を作り上げています。 山形仏壇の主な伝統的技術・技法は、以下の通りです。 ・木地前面には木目板をはり、木目を生かした塗りを施す。
・「肘木組物」による宮殿(くうでん)造り。
・欄間・柱を飾る唐草模様をはじめ、菊、花、鳥、天女などの華やかな飾り柄。
・地金に特殊な加工を施し、黒色、唐草模様を表した「黒金具」

伝統的工芸品

山形仏壇は、昭和55年3月3日に経済産業大臣より「伝統的工芸品」の指定を受けました。 厳選の良質素材に伝統的技法を用いて手作りで製造される同仏壇には、経済産業大臣指定の「伝統証紙」と組合独自の「組合指定証紙」が貼られ、その品質が保証されています。「伝統証紙」とは、経済産業大臣指定の伝統的工芸品としての審査に合格した製品のみに貼られるものです
◆資料・画像提供:山形仏壇商工業協同組合

お近くで『金仏壇』をお得に購入できる仏壇店

上記以外でにある金仏壇を探す

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター