1. 大阪仏壇

大阪仏壇

大阪仏壇の歴史

大阪仏壇は、長野県飯山市で生産されるお仏壇です。 大阪漆塗り金仏壇の起源は、西暦552年に大陸百済より、当時の交通の要衝であった難波津(現大阪)に経文と共に6人の仏工(仏師)、造寺工(大工・細工師)が遣わされたことに始まると言われています。 また、西暦593年の聖徳太子による四天王寺建立の際にも百済から技術者が呼び寄せ、上町台地に住まわせたことが伝えられており、これらの技術者により大阪に仏壇・仏具の産地形成が始まったと考えられています。 なお、大阪では唐木仏壇も制作されていますが、こちらは一般に「大阪唐木仏壇」と呼ばれています。

大阪仏壇の特徴

大阪仏壇は、天明(1781~1788)の頃、農人橋お祓筋の仏師池田屋小林弥吉の手で「ほぞ組」「戸障子付き」「宮殿組み込み」「蒔絵」「彩色」が施された仏壇が作られ、それが原形となっています。大阪仏壇の特徴は、以下の通りです。 ・内部上段の前面には、高蒔絵の技法により段金具を打ちつけたように見せ、金具による木地の損傷を防ぐ工夫を凝らしている。
・金箔を押した柱や彫刻の表面には優美な彩色を施している。
・扉前面の錺金具八双に各宗派の違いを出している。

伝統的工芸品

大阪仏壇は、製造工程の主要部分が手造りであり、伝統的な原材料、技法を用いているなど、国が特に指定した基準に合格したため、昭和57年に通産大臣から伝統的工芸品の指定を受けました。
◆資料・画像提供:大阪宗教用具商工共同組合

お近くで『金仏壇』をお得に購入できる仏壇店

上記以外でにある金仏壇を探す

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター