1. 三河仏壇

三河仏壇

三河仏壇の歴史

三河仏壇は、愛知県岡崎市とその周辺で製作される金仏壇です。三河仏壇の始まりは、江戸中期にまで遡るといわれており、元禄年間(1658~1704年)に矢作川の水運を利用して得られる松、杉、桧などを原料に仏壇がつくられたのが始まりだと考えられています。 明治中期以降には岡崎市内だけでなく、幡豆郡や西尾市、刈谷方面にも仏壇造りが広まり、三河地方一帯が仏壇の産地として確立されていきました。

三河仏壇の歴史

三河仏壇の構造上の特徴は以下のとおりです。 台の引出しが三杯引き出し 台が低く、前の欄間の彫りはウネリ長押付欄間 中障子に花子彫りが入る。 障子腰に蒔絵板が入る。 胴内に経本を入れる一帖および戸扇式(ギリ仕上)四帖入りがある。 屋根(宮殿・荘厳)の小長押がウネリ型 台に薄引出しが取り付けられている。

伝教大師 阿弥陀如来 天台大師
三杯引き出し ウネリ長押付欄間 花子彫の入る中障子
蒔絵板 戸扇式(ギリ仕上)一帖入り 宮殿・荘厳のウネリ小長押
三杯引き出し ウネリ長押付欄間 花子彫の入る中障子

伝統的工芸品

伝統証紙(伝統マーク)は、伝統を誇る手造りの証です。 伝統的工芸品にはこの「伝統証紙」が貼られています。「伝統証紙」はその三河仏壇が伝統的な技術・技法・材料で手作業により製造したことを伝える役目をしています。

三河仏壇伝統的工芸品基準
■技術・技法
1.「木地」の構造は「ほぞ組み」による組立式であること。
2.長押は「うねりなげし」「かぶとなげし」又は「通しなげし」とすること。
3.障子は「腰付花子障子」「通し腰付障子」「花頭障子」又は「通し障子」とすること。
4.宮殿造りは「肘木桝組み」によること。
5.塗装は精製漆の手塗りとし、「木目出し塗り」にあっては「ろいろ仕上げ」をすること。
6.蒔絵及び金箔押しをすること。

■材料
1.木地は、ヒノキ・ケヤキ・ヒメコマツ・ホオノキ・イチイ若しくはセンノキ又はこれらと同等の材質を有する用材とすること。
2.金具は銅若しくは銅合金又はこれらと同等の材質を有する金属製とすること。
3.漆は天然漆とすること。

◆資料・画像提供:三河仏壇振興協同組合

お近くで『金仏壇』をお得に購入できる仏壇店

上記以外でにある金仏壇を探す

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター