1. 金沢仏壇

金沢仏壇

金沢仏壇の歴史

金沢仏壇は、石川県金沢市で生産されるお仏壇です。 金沢仏壇の製造が繁栄した背景としては、次の2点があげられます。 ひとつは、15世紀に来訪した蓮如上人が北陸一円に浄土真宗の教えを広めたこと。もうひとつは、加賀藩三代藩主前田利常、五代藩主綱紀により整備・完成された工所によって優秀な工芸技術家が大勢育ったことです。当時の細工所は、蒔絵、漆、紙金工、絵、針、具足、薫物、小刀、象眼、刀鍛治、研物、茜染、大工、御能作物、束帯装束着など、23種に分かれていたようです。 これらの職人によって作られた製品は諸侯や寺社などの下賜、寄進などに使われ、その美しい金箔や蒔絵技術は一般庶民用の仏壇へと受け継がれていきました。

金沢仏壇の特徴

金沢仏壇は、加賀藩細工所の蒔絵技術や彫刻の技術が仏壇に活かされていること、金箔をふんだんに使っていることが大きな特徴となっています。 特に蒔絵は、美術工芸品としての加賀蒔絵の技法が受け継がれており、戸板裏や太柱など仏壇のあらゆる箇所を飾ります。 また、軸開きであること、長押がうねり長押であること、彫刻類に黒檀の丸彫りを使うことなどが特徴として挙げられます。

伝統的工芸品

金沢仏壇は、昭和51年、「伝統的工芸品」の指定を受けました。金沢仏壇には、「伝統証紙」が貼られています。「伝統証紙」とは、経済産業大臣指定の伝統的工芸品としての審査に合格した製品のみに貼られるものです。
また、金沢仏壇は類似品と区別するため、またその格調を守るために、独自の証紙(右画像)を貼付しています。

1.木地に使用する材料は耐久性を重んじ骨組はアオモリヒバ(クサマキ)等、板物はイチョウ等を主体として用いています。この為、長年月の使用が可能。
2.各部分はほぞ組みによって製作されているため堅牢。
従ってそれぞれ分解して、加工加飾作業ができるほか後日修理洗浄する場合非常に便利。
3.上戸及び障子の取り付けの基点となる部分はほとんど回転軸となっていて、外側に開く型式。
また上戸はすべて帯、輪入りで、障子は上、中、下腰輪入(上腰輪を略する場合あり)。
4.宮殿自体の高さがあるため、上屋根の上部に至るまで宮殿の全容がはっきり眺められます。
さらに宮殿の組み物のうち、下屋根の組み物は桝を五重組(四重もある)に組立て、上屋根の組物は二重~三重に組み立て組み物地板の穴に差し込むのが特色。
5.塗り加工のうち下地は主要部は漆を用いた錆下地であり、中塗りはほとんどの部分に施され、上塗りはすべて天然漆を使用。
見付板、左右の横板、戸板等は呂色仕上げとなり、上戸表は紅透塗呂色とし、またすべての輪類は錆紐を引く。
6.金沢仏壇の最大の特色は蒔絵を前柱、段縁、中柱、風呂の戸、引出し、ハ等に至るまで広範囲にわたって施していることで蒔絵仏壇としての特色を生かしており、その技術水準が極めて高い。
この蒔絵も磨き蒔絵、高蒔絵を主体としているため全体的に渋くかつ上品 な美しさを備え、永久的に変色せず拭いても禿げません。
7.彫刻を施す部分のうち障子の上腰、中腰、下腰及び前指はすべて塗り加工、箔押しをせず木肌そのものを眺める木地彫となっており、仏壇全体に渋みと上品さを加えています。
特に技法は積重ね方式ではなく、一切の接着剤を使用せず一枚板の彫り。
8.障子金具には枝を施し、外周の輪かく等には面を取ります。
通常は銅合金又は銅板を加工しますが、高級品の障子金具には銀を使用する事が多い。
9.金箔は金沢が全国の主産地であるため、特に品選びに有利となっ ています。
10.障子の組子には紗を張りますが、これは通常本紗生地に金色糸で刺繍ハを施したものを使用します。図柄は唐草又は散り蓮華です。

お近くで『金仏壇』をお得に購入できる仏壇店

上記以外でにある金仏壇を探す

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター