1. 神棚

神棚

神様を祀る宮と棚を意味している神棚はお札と神具を祀っています。神徒壇(祖霊舎)と神棚はお祀りしている神様に違いがあり、神棚が崇敬する神社のお札を祀っているのに対して、神徒壇(祖霊舎)は先祖や故人の霊璽(御霊代)をお祀りしています。

神棚とは

自然や物に宿る神々に畏敬の念を込めて祈りを捧げ、家内安全や一族の繁栄を願うために生まれた神棚は江戸時代のはじめから庶民の暮らしに広まっていきました。現代では新しくお祀りする場合年末が最も多く、商売繁盛を願って事務所開きや家の新築の際にも神棚を祀る人は多いようです。

取扱い仏壇店を検索

神棚を祀る場所・方角

清浄な存在である神棚は高い位置に祀ることが大切です。また、太陽の光をより多く浴びることのできる部屋を選び、南向きや東向き、東南の方角に向いてお祀りをすると良いでしょう。しかし神棚を置く高さと方角が適切でも、人が頻繁に出入りする場所や階段下、化粧室近くの場合はなるべく避けてください。マンションや二階建て住宅の場合は「雲」と書いた紙を天井にはりつけることで神棚の上に何もないと考えることができます。

取扱い仏壇店を検索

お札の納め方

神様を祀っている神聖な場所である神棚には神具、榊、灯篭、神餞をお供えして、中央奥に伊勢神宮の神宮大麻(天照皇大神宮)、神棚に向かって右側に氏神様、左側に崇敬している地域の神社のお札を納めます。神棚が小さい場合は一番上は最上位の神宮大麻(天照皇大神宮)となるようにお札を重ねましょう。一年間お祀りしたお札は年末に神社に納めてお焚き上げをしてもらい、神社から新しいお札を納め受けて新年を迎えます。

取扱い仏壇店を検索

神棚の祀り方(飾り方)

神鏡・勾玉・剣の三種の神器と榊、灯篭、お供え物を指す神饌を供え、その手前、神棚の上部にしめ縄を張って紙垂を4枚挟みます。お札は神棚の奥に納め入れます。

取扱い仏壇店を検索

神棚のお参りの仕方

神棚へは毎朝米と塩、水を神饌として捧げ、榊の水を取替えて灯篭を灯します。参拝方法は神社や神徒壇(祖霊舎)へのお参りと同様に、二度お辞儀をしたあとで二度拍手、その後一度お辞儀をする「二拝・二拍手・一拝」でお参りをします。崇敬している神社によっては「二拝・二拍手・二拝」というところもあるようです。神徒壇(祖霊舎)へのお参りは神棚に参拝したあとで行ないます。

取扱い仏壇店を検索

「仏壇、仏具選びのポイント」の他のカテゴリ

「お仏壇の種類」の他の記事

金仏壇

金箔で飾られた黒塗りのお仏壇

唐木仏壇

銘木の美しい木目を生かしたお仏壇

家具調仏壇

洋間に合う現代的なお仏壇

手元供養

小さな骨壷や遺骨の入ったペンダントを祀る

神徒壇(祖霊舎)

神道を信仰している方のための祭壇

ご成約のご連絡で、もれなく最大10万円がもらえる
いい仏壇お客様センター